人権学習シリーズ ぶつかる力 ひきあう力 ―対立と解決―

更新日:平成28年2月16日

(注)

1 大阪府では、2008(平成20)年4月以降、障がいのある方の思いを大切にし、府民の障がい者理解を深めていくため、大阪府が作成する文書等においてマイナスのイメージがある「害」の漢字をできるだけ用いないで、ひらがなで表記することとしています。
  この教材は、それ以前に発行されたものであり、PDFファイルでの表記は、ひらがなではなく漢字のままとなっています。
2 学習プログラム「障がい者とともに」の一部において、この教材発行当時の障害者法定雇用率である1.8%(民間企業)を前提として展開されているところがありますが、2013(平成25)年4月1日から引き上げられ、障害者法定雇用率は2.0%(民間企業)となっています。

これらのように、発行時から情勢が変化している事項もありますので、この冊子の活用にあたりましては、十分にご留意ください。
     

 

表紙

すべてを印刷 /  [PDFファイル/4.43MB]

表紙 / [PDFファイル/1.68MB]

目次 / [PDFファイル/69KB]

発刊にあたって  / [PDFファイル/280KB]

冊子の構成と使い方 /  [PDFファイル/444KB]

参加体験型学習(ワークショップ)を進めるために / [PDFファイル/524KB]


【学習プログラム】

「対立」に向き合う姿勢づくり / [PDFファイル/472KB]

さまざまな立場 みんな当事者 / [PDFファイル/506KB]

「暴力」はわたしには関係ない?! / [PDFファイル/1.97MB]

職場のセクシュアル・ハラスメント / [PDFファイル/496KB]

パワハラを知っていますか? /  [PDFファイル/477KB]

障がい者とともに / [PDFファイル/483KB]

「対立」に向き合うスキル / [PDFファイル/479KB]


やってみました! / [PDFファイル/519KB]

用語解説 ・ 参考文献 / [PDFファイル/377KB]

次へ



「学習教材・啓発冊子等のご紹介」のページに戻る

 
 

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 人権学習シリーズ ぶつかる力 ひきあう力 ―対立と解決―