人権問題に関する府民意識調査報告書(分析編) 大阪人権意識 8.結婚における問題意識と人権意識<視点6> (1)結婚相手の条件と人権意識

更新日:2012年3月28日

人権問題に関する府民意識調査検討会委員
神戸学院大学文学部教授 神原文子

8.結婚における問題意識と人権意識<視点6>

(1)結婚相手の条件と人権意識

 結婚相手を考える際に気になることと「排除問題意識」、「人権推進支持意識」、「反忌避意識」との相関を調べたのが、表8-1です。

表8-1 結婚相手を考える際に気になることと人権意識 

 

 

本人

子ども

結婚相手の条件

 

排除問題

人権推進

反忌避

排除問題

人権推進

反忌避

 

 

意識

支持意識

意識

意識

支持意識

意識

問3i(1)人柄、性格

平均値

3.1

3.9

2.9

3.1

3.9

2.9

 

度数

703

738

684

680

718

667

 

標準偏差

0.6

0.8

1.1

0.6

0.8

1.0

問3(2)趣味や価値観

平均値

3.1

3.9

3.0

3.1

3.9

2.9

 

度数

423

443

408

323

344

316

 

標準偏差

0.6

0.8

1.1

0.6

0.8

1.1

問3(3)仕事に対する相手の理解と協力

平均値

3.1

4.0

3.0

3.1

4.0

2.9

 

度数

365

385

357

354

373

349

 

標準偏差

0.6

0.7

1.0

0.6

0.7

1.0

問3(4)家事や育児の能力や姿勢

平均値

3.1

4.0

3.0

3.1

4.0

2.9

 

度数

283

296

272

319

335

308

 

標準偏差

0.6

0.8

1.1

0.6

0.8

1.0

問3(5)経済力

平均値

3.0

3.9

2.8

3.0

3.9

2.8

 

度数

368

392

366

477

509

469

 

標準偏差

0.7

0.8

1.0

0.6

0.8

1.0

問3(6)学歴

平均値

2.9

3.8

2.5

2.9

3.8

2.4

 

度数

117

121

112

154

159

146

 

標準偏差

0.6

0.9

1.0

0.6

0.8

1.1

問3(7)職業

平均値

3.0

3.9

2.6

3.0

3.9

2.6

 

度数

217

229

213

297

306

287

 

標準偏差

0.7

0.8

1.0

0.6

0.8

1.0

問3(8)家柄

平均値

2.8

3.8

2.4

2.8

3.7

2.4

 

度数

115

120

110

146

154

141

 

標準偏差

0.7

0.9

1.0

0.7

0.9

1.0

問3(9)離婚歴

平均値

2.9

3.9

2.7

3.0

3.9

2.7

 

度数

186

192

182

251

266

252

 

標準偏差

0.7

0.8

1.0

0.7

0.8

1.0

問3(10)国籍・民族

平均値

2.8

3.8

2.4

2.8

3.7

2.4

 

度数

216

222

204

229

235

216

 

標準偏差

0.7

0.9

0.9

0.6

0.8

0.9

問3(11)相手やその家族に

平均値

2.7

3.8

2.3

2.7

3.8

2.3

障がい者の有無

度数

100

101

96

151

154

144

 

標準偏差

0.7

0.9

0.9

0.7

0.9

0.9

問3(12)相手やその家族の宗教

平均値

3.0

3.8

2.7

3.0

3.8

2.6

 

度数

235

243

221

245

257

239

 

標準偏差

0.6

0.9

1.0

0.6

0.9

1.0

問3(13)一人親家庭かどうか

平均値

2.6

3.7

2.7

2.7

3.8

2.4

 

度数

30

35

35

54

62

63

 

標準偏差

0.7

1.0

1.1

0.7

0.9

1.0

問3(14)同和地区出身者かどうか

平均値

2.7

3.8

2.2

2.8

3.8

2.1

 

度数

174

181

167

179

187

177

 

標準偏差

0.6

0.9

0.8

0.6

0.9

0.8

問3(16)とくに気になる

平均値

3.1

3.9

2.9

3.2

3.9

2.9

(気になった)ことはない

度数

730

769

714

21

24

22

 

標準偏差

0.6

0.8

1.1

0.7

1.0

1.3

注:太文字は有意差あり。 太い斜め文字は、有意差があり、数値の低い方を指す

 

 

 
 

 自分自身の場合も子どもの場合も、「仕事に対する相手の理解と協力」、「家事や育児の能力や姿勢」は、「人権推進支持意識」の高い人ほど結婚相手を考える際に気になる傾向にあります。反対に、「経済力」、「学歴」、「職業」、「家柄」、「離婚歴」、「相手やその家族に障がいのある人がいるかどうか」、「ひとり親家庭かどうか」は、自分自身の場合も子どもの場合も、「排除問題意識」、「反忌避意識」の相対的に低い人ほど気になる傾向にあります。
 さらに、「国籍・民族」、「相手やその家族の宗教」、「同和地区出身者かどうか」については、「排除問題意識」、「反忌避意識」、「人権推進支持意識」の低い人ほど気になる傾向にあることがわかります。しかも、「同和地区出身者かどうか」、「相手やその家族に障がいのある人がいるかどうか」、「国籍・民族」、「ひとり親家庭かどうか」、「家柄」が気になる人の「反忌避意識」の低さは顕著です。

【知見】
○「排除問題意識」、「反忌避意識」、「人権推進支持意識」の低い人ほど、結婚相手を考える際に「経済力」、「学歴」、「職業」、「家柄」、「離婚歴」、「相手やその家族に障がいのある人がいるかどうか」、「ひとり親家庭かどうか」、「国籍・民族」、「相手やその家族の宗教」、「同和地区出身者かどうか」が気になる傾向にある。
○「同和地区出身者かどうか」、「相手やその家族に障がいのある人がいるかどうか」、「国籍・民族」、「ひとり親家庭かどうか」、「家柄」が結婚相手を考える際に気になる人は、「反忌避意識」が極めて低い傾向にある。



 《前へ 次へ》 目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 様々な人権問題に関する施策 > 人権問題に関する府民意識調査報告書(分析編) 大阪人権意識 8.結婚における問題意識と人権意識<視点6> (1)結婚相手の条件と人権意識