SAPジャパン株式会社との取組み(包括連携協定締結式)

更新日:令和3年1月29日

 SAPジャパン株式会社と大阪府は、産業振興、教育・子ども、スマートシティ、地域活性化など8分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結しました。締結式には、内田代表取締役会長にオンラインにてご出席いただきました。
 知事からは、「大阪府ではAI、IoTを利用した生産性向上、イノベーション創出に向け、府内中小企業のDX推進に取り組んでおり、産業振興の分野において、SAPジャパンが持つデザインシンキングの手法を用いたDX推進セミナーやワークショップを開催いただけることに大変感謝しています。また、SAPジャパンの持つ、知識、ノウハウ、コンテンツ、ネットワークを活用し、市町村のデータ利活用に向けた人材育成支援等、行政のICT化や、スマートシティ分野でのご協力を大変心強く思っています。」との発言がありました。
 本協定に基づき、大阪府では、SAPジャパンさんと連携し、様々な公民連携の取組みを推進してまいります。

大阪府報道提供
SAPジャパン株式会社ホームページ(外部サイト)
   

協定式の様子   協定式の様子
(左から)もずやん、吉村知事、内田代表取締役会長       (左から)内田代表取締役会長、吉村知事       

このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 公民戦略連携デスクにようこそ! > SAPジャパン株式会社との取組み(包括連携協定締結式)