平成30年3月28日 公民連携の1年間の取組み効果を発表しました

更新日:2019年3月8日

  弊府知事は、3月28日の記者会見において、平成29年度の公民連携による取組み効果を発表しました。
仮に府が直接実施した場合に必要となる金額を「直接的な効果額」として積み上げたところ、2億3,000万円の効果となりました。
また、金額には表せない効果として、子ども食堂への支援、就労体験の機会の提供など、子どもや教育をはじめ、府民の健康づくり、安全・安心など様々な分野で、公民連携で取り組んだからこそ実現できた取組みも多数ありました。  
 今後も、府民、企業、府にとっての「三方良し」を目指し、さらなる「公民連携の輪」を広げてまいります。

※弊府報道発表資料(http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=30499

公民連携の1年間の取組み効果1

公民連携の1年間の取組み効果2 公民連携の1年間の取組み効果 
 
公民連携の1年間の取組み効果(平成29年度) [PDFファイル/738KB]

このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 公民戦略連携デスクにようこそ! > 平成30年3月28日 公民連携の1年間の取組み効果を発表しました