副首都推進局の概要

更新日:2022年5月17日

 副首都推進局は、東西二極の一極を担う「副首都・大阪」の確立・発展に向けた取組みを推進するため、大阪府と大阪市が共同で設置している組織です。(設置日 2016(平成28)年4月1日)
 
副首都推進局共同設置規約(別ウインドウで開きます)

局の役割

 副首都化に係る企画立案、様々な取組みの推進やその総合調整を担い、関係する会議の運営、副首都ビジョンの推進、「副首都・大阪」への理解促進活動や府市連携課題にかかる取組みの推進などを行います。

2022年(令和4)年度 局運営の基本的な考え方

 副首都推進本部においてとりまとめた「副首都ビジョン―副首都・大阪に向けた中長期的な取組み方向―」に沿って、「機能面」、「制度面」、「経済成長面」での取組みを大阪府、大阪市及び堺市の関係部局等と連携しながら推進します。
 副首都にふさわしい都市機能の充実に向けて過去の二重行政に戻すことなく、府市連携・一体的な行政運営を推進するため、大阪府及び大阪市の広域行政並びに経営形態の見直しや機能統合など府市連携課題にかかる取組み等に関して、副首都推進本部(大阪府市)会議を活用して府市間の協議を進めます。

局の組織体制

職員数(2022(令和4年)5月17日時点)                                      

(人)

担当名大阪府大阪市合 計

総務担当

14

副首都推進担当

10

19

合 計

17

16

33

(注)局長(1名)、理事(2名)は総務担当に計上

特別顧問及び特別参与の職務実施状況

 副首都推進局に関連する、特別顧問及び特別参与の職務に係る情報を公表しています。

このページの作成所属
副首都推進局 副首都推進局 (代表)

ここまで本文です。


ホーム > 副首都推進局の概要