大阪・関西万博の成功に向けた機運醸成アクションプランについて

更新日:2024年2月1日
  • 大阪府・大阪市では、2025年日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)開催にむけ、「大阪・関西万博の成功に向けた機運醸成アクションプラン」を策定し、機運醸成の取組みを展開しています。

アクションプランの全文

大阪・関西万博の成功に向けた機運醸成アクションプラン(ver2.0)2023年4月改訂 [PDFファイル/1.82MB] 

1.改定にあたって

  • 大阪・関西万博の開幕まで2年を切った。
  • この間、万博の認知度は着実に増加。今後は、「万博に行ってみたい」という来場意向度をいかに高めていくかという観点も含め、さらなる取組みが必要。
  • 2023年度は、開幕500日前、前売入場券の販売開始といった重要な節目がある。これらの節目の前後をPR重点期(1)と位置付け、官民一体となって全国・海外も含めた情報発信を強化していく。
  • 本プランを改訂し、目標を設定するとともに課題に対応する具体的な取組みを取りまとめる。

2.現状と課題

  • 万博の認知度、テーマ認知度は一年間で着実に増加。来場意向度は前回調査より減少。
    ※大阪・関西万博に関するアンケート調査(2022年12月 大阪府・大阪市) …全国3000人(府内2000人・府外1000人)を対象としたインターネット調査結果
  • 府外、とりわけ首都圏では認知度などが依然低く、府内でも、来場意向度が低下しているといった課題が顕在化。 

3.2023年度の取組み内容(万博の機運醸成の取組み)

【方針】
官民一体となって府内外に向けてさらなる広報やプロモーション活動を展開するとともに、開幕500日前(11月30日)、前売券販売開始(年内)などの節目のタイミングをとらえて、人々の記憶に残るインパクトのあるイベントの開催などを本格展開していく。

 (1)市町村や民間イベント等の”万博色”へのコーディネート
   ■官民一体となった取組みの推進

(2) 全国への発信強化
   
■節目をとらえたイベントの実施
   
■行政ネットワークを活用した取組み

(3) 地元でのさらなる取組みの推進
   
■府内市町村等と連携したイベントの実施・グッズの配布
   
■大阪市内各区での取組み
   
■シティドレッシング
   
■「万博の桜2025」のさらなるPR

(4) 若年層への発信強化
   
■高校生向け教育プログラム
   
■SNS等の活用

(5) 海外への発信強化
   
■海外への万博PR

4.機運醸成にあたっての目標

  • 府内における「万博の認知度」「来場意向度」を、機運醸成にあたっての指標に設定。(愛知万博と同等以上の機運醸成をめざす観点から、目標値を設定。)

5.今後の機運醸成に向けたスケジュール

  • 万博に向けた節目となるタイミングをPR重点期に設定し、特に重点的にPR活動を展開。
    ■2023年度  開幕500日前、前売券販売開始
    ■2024年度  来場予約・パビリオン予約の開始
    ■2025年度  万博開幕 

6.2023年度の実施スケジュールイメージ

  • 開幕500日前(11月30日)、前売券販売開始(年内)などの節目のタイミングをとらえて、人々の記憶に残るインパクトのあるイベントの開催など、PR活動を本格展開していく。

参考 2025年大阪・関西万博の機運醸成にかかるアンケート

 アンケート調査結果(2023年12月) [PDFファイル/356KB]

 アンケート調査結果(2022年12月) [PDFファイル/1.41MB]

このページの作成所属
万博推進局 万博推進局 推進課

ここまで本文です。


ホーム > 大阪・関西万博の成功に向けた機運醸成アクションプランについて