サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


質問と回答 [ Q&A番号:6576 ]


質問

府大・市大の授業料等支援制度の支援イメージについて、年収目安約590万円から約910万円未満の場合、子どもの扶養状況に応じて支援区分を決定する(多子世帯への支援)とありますが、これはどのように判定するのでしょうか。

回答

・収入に関する判定の結果、減免額算定基準額が154,500円〜304,200円の区分に該当する場合は、多子世帯に対する支援として、同一の生計維持者に扶養されている子どもの数に応じて、支援区分を決定します。
・例として、減免額算定基準額が154,500円〜251,100円の区分に該当する場合、子どもが1人の場合は1/3減免、2人の場合は2/3減免、3人以上の場合は全額減免となります。

参考リンク

府大・市大無償化

府民文化部 府民文化総務課  大学グループ
06-6210-9257

このページの作成所属
府民文化部 府民文化総務課 大学グループ

お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内
ホーム > ピピっとネットトップ > お問合せ集(FAQ) > 府大・市大の授業料等支援制度の支援イメージについて、年収目安約590万円から約910万円未満の場合、子どもの扶養状況に応じて支援区分を決定する(多子世帯への支援)とありますが、これはどのように判定するのでしょうか。

ここまで本文です。