全国都道府県議会議長会に意見を提出

更新日:令和3年2月1日

 

全国都道府県議会議長会に意見を提出

 1月29日(金曜日)


 第168回全国都道府県議会議長会定例総会が東京都で開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、書面による協議となりました。そのため、審議される予定であった事案に対し、大阪府議会としての意見を提出しました。
 

iken


 
【意見の要旨】
<定例総会の地方開催の経費について>
 大阪府は、議長会の監事として、定例総会の地方開催時の懇談会経費については参加者負担とし、参加者負担の範囲で懇談会費用を賄い、議長会の予算から支出することのないようにすべきと従来から指摘している。
 これまで繰り返しお願いしているが、早急に役員会または参与会において、懇談会経費のあり方について協議し、議長会としての方針を定めるべきである。その方針に基づき、懇談会経費について開催県と協議していただきたい。
 そうでなければ、議長会としての方針がないまま、公費を原資とする議長会予算で懇談会経費を賄っていることについて、開催県にその責任の一端を負わせることになりかねない。
 
去る1月26日の参与会における事務局の回答では「7月ごろに協議」とのことであったが、次回開催県の準備が進む前に、役員会または参与会での議論を開始されたい。

お問い合わせ先
  議会事務局調査課 法務・企画グループ
 Tel  06-6944-6880(内線3364)
 FAX 06-6944-6878





このページの作成所属
議会事務局 調査課 法務・企画グループ

ここまで本文です。