難波葱フェスタの参加者を募集しています

更新日:平成29年11月9日

難波葱フェスタ

 「難波葱(なんばねぎ)」とは、大阪市難波周辺で江戸時代から盛んに栽培されていたねぎで、葉の繊維が柔らかく、強いぬめりと香り、濃厚な甘みが特徴です。葉が柔らかで折れやすく栽培がほぼ途絶えていましたが、大阪市内の農家に受けつがれてきたねぎが正統な難波葱であることが確認され、今年3月には「なにわの伝統野菜」(※)に認証されました。この「難波葱」を新たな特産品としてPRするため、認証後はじめて旬を迎える平成30年1月にフェスタを行うものです。

 フェスタ実施にあたり、幅広く参加者を募って「難波葱フェスタPR推進会議」を結成し、フェスタのPRを行う予定です。

 つきましては、難波葱の生産者・販売店、難波葱を使った料理を提供する飲食店、フェスタPRに協力いただける事業者、公共機関など、難波葱フェスタ参加者(推進会議参加者)を次のとおり募集します。

1 フェスタ日時  

 平成30年1月20日(土曜日)から28日(日曜日)まで

2 フェスタ内容(予定)

 (1)「難波葱の産地を知る」…収穫体験など

 (2)「難波葱を買う」…農産物直売所や百貨店、量販店における難波葱の販売

 (3)「難波葱を食べる」…飲食店での難波葱のメニューの提供

  (4)「難波葱を学ぶ」…「鴨なんば」の歴史を学ぶイベント 等

3 募集内容

 難波葱の収穫体験、販売、メニュー提供、イベントの実施、PRなど、フェスタにご参画くださる事業者・団体等

4 参加申込み

 「フェスタ及び推進会議について  [PDFファイル/43KB]」「留意事項 [PDFファイル/302KB]をご確認の上、調査票 [Wordファイル/39KB]をご記入いただき、メール(ryutsutaisaku-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp)もしくはファクシミリ(06-6210-9604)でお送りください。

※なにわの伝統野菜

 概ね100年前から大阪府内で栽培されてきたなどをの基準を満たしたと大阪府が認証した野菜です。

 難波葱ご紹介 [PDFファイル/306KB]

 フェスタポスターイメージ [PDFファイル/831KB]

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 大阪産ブランド推進グループ

ここまで本文です。