都市魅力創造局魅力づくり推進課(府民チェックボード)

サブメニューを飛ばして本文へ






ここから本文です。


府民チェックボード

府民チェックボードとは


 大阪府では、それぞれの職場でさまざまな課題や懸案に日頃から取り組んでいます。府民のみなさんにとって、府のこうした取組についてこれまでなかなか知る機会がなかったのではないでしょうか。
 府が課題や懸案にどのように取り組んでいるか、そのプロセスを府民のみなさんにご覧いただけるページをつくりました。

府民チェックボード


  • 御堂筋オータムパーティー

  • 大阪府、大阪市、経済団体等と一体となり、大阪のメインストリートである御堂筋を活用して、より一層のにぎわいを創出し、御堂筋及び大阪を国内外にアピールすることを目的に「御堂筋オータムパーティー」を実施します。
  • 【検討終了】御堂筋kappo(チェックボード)

  • 一日限定で歩行者に開放された大阪のメインストリート、御堂筋において、「新しい私に、新しい大阪に、チャレンジ!」をコンセプトに、新たなチャレンジに対する熱気を来場者と参加者が共有することにより、大阪の新たな魅力の発見、発信の端緒となることを目的とする。
  • 御堂筋イルミネーション

  •   大阪のシンボルである御堂筋のイチョウをイルミネーションで装飾することにより、美しい「光のまち」として人々をひきつける賑わいをつくり、大阪全体の活性化を図るため、御堂筋イルミネーションを実施しています。
     平成24年度は、中之島のOSAKA光のルネサンスと一体的に実施しましたが、平成25年度からは、大阪市中心部における各エリアの光プログラムを一体化した「大阪・光の饗宴」として発信しています。平成27年度からは、エリアを大阪府域に拡大し、大阪府内における各エリアの光プログラムと一体化して「大阪・光の饗宴」を発信します。

  • 水都大阪の推進

  •  「水都大阪」事業については、国、府、大阪市、経済界が連携して水辺の賑わい創出を推進するため、ライトアップ事業をはじめ、「大阪ふれあいの水辺づくり」や「中之島にぎわいの森づくり」などの水辺の基盤整備等を行うとともに、イベントや情報発信などのソフト対策を実施し、「水都大阪」のブランド力の向上と大阪の活性化に取り組んでいきます。
  • 中之島にぎわいの森づくりについて

  • みどりを活かした都市づくりとして、中之島の堂島川の川辺をみどりと遊歩道でつなぎ、水辺の親水性を活かしつつ河川沿いの回遊性を高めるとともに、みどり豊かな空間の中ににぎわいを創出する「中之島にぎわいの森づくり」の実現に取り組みます。
  • 百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進

  •  大阪府では、世界に誇ることのできる歴史文化遺産である百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産への登録を目指し、地元市である堺市・羽曳野市・藤井寺市と一体となって、大阪初の世界遺産を実現するための取り組みを進めています。

ここまで本文です。