平成25年度 第2回 おおさか交通エコチャレンジ賞 受賞事業者について

更新日:平成28年3月15日

第2回 おおさか交通エコチャレンジ賞 受賞事業者が決定しました!

 環境に配慮した自動車利用を広めるため、大阪府・大阪市・堺市等行政機関と自動車関係の業界団体で構成する大阪自動車環境対策推進会議では「エコカー使用等の推進」、「エコドライブの推進」、「公共交通機関利用の推進」といった環境に配慮した自動車利用を推進する「おおさか交通エコチャレンジ推進運動」を実施しています。

 その中で、環境に配慮した自動車利用を事業者自ら率先して実践する事業者を「おおさか交通エコチャレンジ推進事業者」として登録し、特に優れた取組みを行った登録事業者を表彰(おおさか交通エコチャレンジ賞)することとしています。

 このたび、10月3日に開催された「おおさか交通エコチャレンジ賞選考委員会」での審議結果を踏まえ、大阪自動車環境対策推進会議において、第2回「おおさか交通エコチャレンジ賞」の受賞者を下記のとおり決定しましたのでお知らせします。

また、受賞者の表彰式を以下のとおり行います。
 <おおさか交通エコチャレンジ賞  表彰式>
 と き    平成25年11月20日(水曜日)10時30分から11時00分  
 ところ    大阪市中央公会堂 大会議室 

おおおさか交通エコチャレンジ賞 受賞者

 優秀賞 【エコカー使用等の推進部門】 中西金属工業株式会社本社

  所在地 : 大阪市北区天満橋3-3-5 
  事業概要等 : (製造業)ベアリングリテーナー・コンベア・サッシ用戸車等の製造販売

取組概要

乗用車 16 台を保有し、そのうち14 台がエコカー(ハイブリッド車・天然ガス車)。平成14 年度からエコカー導入を開始し、エコカー保有率は平成24 年度88%。
車両使用時には共有の予約システムで予約。エコカーを優先的に利用し、エコカー保有率88%に対し利用率は92%(利用率:エコカー利用回数/自動車総利用回数)。
平成 14 年度に天然ガス充填器、平成22 年度に電気自動車用急速充電器を事業所内に設置。また、輸配送の依頼の際にはエコカーによる輸配送を優先するように依頼している。

 <講評>
天然ガス充填器や急速充電器の設置などエコカー使用の環境整備に関する取組や、予約システムによるエコカー利用の確実な取組など、エコカーの導入と利用に関して積極的な取組を行っている点を高く評価した。

 優秀賞 【エコドライブの推進部門】 上島珈琲貿易株式会社 

 所在地 : 堺市美原区太井122−1 
 事業概要等 : (卸売業)コーヒーの焙煎加工と外食向け業務卸

取組概要

貨物車19 台、乗用車5 台の合計24 台を保有。
平成 22 年度からエコドライブの取組を行っており、2年間で5%の燃費向上、自動車からのCO2 排出量を毎年2%削減の目標・計画を設定。平成24 年度は7%の燃費向上を達成。
現場の若手社員などで構成する安全運転管理者チームがエコドライブを推進。自社で作った車両管理システムを活用し、全車の平均燃費を掲示板に張り出して、燃費データを全社員で共有している。毎朝、商品出庫時に、エコドライブの音読や、タイヤの空気圧チェックなどを実行。また、「無事故・無違反1000 日達成でハワイ旅行企画」などユニークな企画を打ち出している。

<講評>確実なチェック&アクションの仕組を導入しており、従業員教育も極めて熱心。その結果、燃費の伸び率が極めて高い。さらに社員の動機付けに関してもユニークな取組を行っている点を高く評価した。

 特別賞 日商物流サービス株式会社 

 所在地 : 大阪市中央区石町2-3-4    
 事業概要等 : (運送業)医薬品の輸送・配送

取組概要

貨物車197 台、乗用車15 台の合計212 台を保有。
燃費改善車両率70%とトータル燃費維持という目標計画を立てている。平成20 年度からエコドライブの取組を開始。各営業所でエコドライブ推進委員が毎月燃費管理表にコメントを記入し、ドライバーに燃費とエコドライブの大切さを認識させ、コミュニケーションツールとしても活用。社内月報(エコドライブニュース)で燃費結果を社員に通知している。毎年、大阪府による講習会を受講し、座学に加えてグループワークも取り入れている。社員の取組を評価する仕組として、「無事故無違反キャンペーン」の実施や、デジタルタコグラフでの結果を業績評価に反映。冷蔵車以外の継続車両では、燃費は前年度に比べ+0.7%改善。
また、営業時の自動車利用については許可制となっており、社用車を使用する場合は借用許可願を提出することとなっている。

<講評>エコドライブ推進員とドライバーがコミュニケーションを図る仕組などエコドライブを推進していく取組が確実なところを評価した。
また、社有車の利用許可制など公共交通機関の利用促進につながる仕組も取り入れられている。全体として、交通エコチャレンジの指針に沿うような活動がなされている点を評価した。今後の活動実績に期待する。

「おおさか交通エコチャレンジ賞」の概要

 (1)表彰制度概要

○表彰の趣旨
 大阪自動車環境対策推進会議議長が、事業活動における環境に配慮した自動車利用の実践に関して、他の模範となる優れた取組みを行った事業者を表彰する制度です。
 表彰した取組みについては、事業者名とその内容を広く公表することによって、おおさか交通エコチャレンジ推進運動への事業者の参画意欲を高め、大阪の環境保全対策及び地球温暖化対策の推進を図るものです。
 
○表彰の対象者
 おおさか交通エコチャレンジ推進事業者として登録している事業者
 
○賞の種類
(議長賞) 優秀賞受賞者のうち、特に優れた取組みを行っている事業者に与えられる賞
(優秀賞)「エコカー使用等の推進」「エコドライブの推進」「公共交通機関利用の推進」の各部門で優れた取組みを行っている事業者に与えられる賞
(特別賞)大阪自動車環境対策推進会議議長が必要と認めた場合に与えられる賞
      ※表彰の要件に該当する取組みがない場合は「該当者無し」とします。

 (2)選考方法

 推進事業者から提出された実績報告書をもとに、有識者等で構成するおおさか交通エコチャレンジ賞選考委員会において、
実効性、継続性、汎用性、独自性などの観点から評価した結果を総合的に勘案して、受賞候補者を選考します。
受賞者は、選考委員会の選考結果を参考にして大阪自動車環境対策推進会議議長が決定します。

おおさか交通エコチャレンジ賞選考委員会 委員

内田 敬  ( 公立大学法人大阪市立大学大学院 工学研究科 教授 )
松村 暢彦 ( 国立大学法人大阪大学大学院 工学研究科 准教授 )
西村 優子 ( NPO法人大阪府民環境会議 理事 )
谷口 靖彦 ( 大阪府環境農林水産部環境管理室長 )
柴田 昌俊 ( 大阪市環境局環境管理部長 )
池田 浩一 ( 堺市環境局環境保全部長 )

 

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室交通環境課 自動車環境推進グループ

ここまで本文です。