高次脳機能障がい支援ハンドブック 資料

更新日:平成31年3月28日

資料

  メモリーノートの様式例
  TBI-31「脳外傷者の認知−行動障がい尺度」質問用紙
  医師診断書

目次へ戻る

メモリーノートの様式例

例1)訓練施設(大阪府立障がい者自立センター)での利用

施設の主な予定である「プログラム」や「時間」「場所」がわかりやすい様式。
・「時間」や「プログラム」、「場所」は支援者があらかじめ記入しておいたり、本人に記入してもらったり、本人の状況に合わせて調整する。
・おこなったことを「内容」欄にメモしたり、チェックボックスに印を入れたりすることで、後程確認が可能。
・「日記」を書くことで、一日の振り返りを行う。

メモリーノート例1


例2)地域生活での利用例(1日1ページ)

 ・「予定」「内容」だけでなく、「今日すること」や「「メモ」など、幅広い内容が記入可能な様式。
・月間カレンダーや自由メモと組み合わせることで、日々の生活管理を行うことが可能。

メモリーノート例2

メモリーノート様式例(1日1ページ)

メモリーノート様式例

このページの先頭へ

TBI-31  「脳外傷者の認知−行動障がい尺度」質問用紙

TBI-31質問用紙

このページの先頭へ

医師診断書

医師診断書

このページの作成所属
福祉部 障がい者自立相談支援センター 身体障がい者支援課

ここまで本文です。