咽頭結膜熱(プール熱)にご注意!

更新日:平成28年3月2日

咽頭結膜熱(プール熱)にご注意!

夏に流行します

 咽頭結膜熱の感染は通年ありますが、大阪では5月から8月にかけて発生数が増加する傾向です。気温が高くなる夏にウイルスが繁殖しやすいので、注意が必要です。

咽頭結膜熱とは

 アデノウイルスによる感染で、潜伏期間は4〜7日です。ウイルスが口・鼻、のどの粘膜、眼の結膜から入って感染します。飛沫感染、接触感染(手指・タオルの共用など)、便を介しての経口感染があります。
 プールで子どもの間での流行が多いため、「プール熱」とも呼ばれていますが、プール以外でも感染します。 

症状

 ☆ 突然の発熱(38〜40度)、頭痛、倦怠感
 ☆ のどの痛み、食欲不振
 ☆ 結膜炎に伴う結膜充血、目の痛み、まぶしい、涙が出る
   等が主な症状です。この他に一般的なカゼの症状がでることもあります。ほとんどは自然に治りますが、一部、肺炎等重症化することもあります。

予防方法

 ☆ 流水と石けんによる手洗い、うがいをしましょう。
 ☆ 感染者との密接な接触はさけましょう(タオルなどは別に使いましょう)。
 ☆ プールの前後には、シャワーを浴び、うがいをしましょう。
 ☆ バランスの取れた食事と十分な睡眠で普段から抵抗力つけておくことも大切です。

プール熱にかかったら

 ☆ 水分補給。
 ☆ 喉ごしの良い食べ物をたべる。
 ☆ 十分な手洗い・うがいとタオルの共用は避ける。
 ☆ 症状が消えた後も、約1カ月間は尿・便中にウイルスが排出されるため、おむつ交換の際に使い捨て手袋を使用するなど注意が必要です。

治療は

 ☆特別な治療法はなく、対症療法です。高熱が続く、ぐったりしている、せきが激しい、吐き気、頭痛の強い時は、診察を受けましょう。 
 咽頭結膜熱と診断された場合、登校・登園は学校保健法により停止になります。熱やのどの痛み、結膜炎などの症状がなくなってから2日間過ぎたら出席できることになっています。
 

リンク集

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ

ここまで本文です。