大阪次世代自動車普及推進協議会

更新日:平成29年3月13日

大阪次世代自動車普及推進協議会について

 大阪府では、これまで、燃料電池自動車(FCV)と電気自動車(EV)の普及促進に向け、平成15年9月におおさかFCV推進会議、平成21年6月に大阪EVアクション協議会を設置し、産学官が一体となって、それぞれ様々な取組みを実施してきました。
 一方、平成22年4月にはEVの、また、平成26年12月にはFCVの市販が開始され、EV及びFCVともに、同じ普及初期の段階に達したところです。
 こうした状況を踏まえ、ともにゼロエミッションの自動車であるEV及びFCVの普及拡大に関する取組みを一体的に推進していくために、おおさかFCV推進会議と大阪EVアクション協議会を部会とする大阪次世代自動車普及推進協議会として再編いたしました。

 設置根拠

  大阪次世代自動車普及推進協議会規約 [Wordファイル/76KB] [PDFファイル/135KB] 

 関連する計画等

  「大阪EVアクションプログラム」 [PDFファイル/1015KB]
  「大阪府内における水素ステーション整備計画」(平成29年2月改訂) [PDFファイル/3.73MB]
   

開催状況について 

 第1回会議(平成28年1月20日) 
 第2回会議(平成29年2月20日)

EVおよびFCVに関するこれまでの取組み

 ○大阪EVアクション協議会

 ○おおさかFCV推進会議

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室新エネルギー産業課 推進グループ

ここまで本文です。