新しい公共支援事業について

更新日:平成28年7月21日

新しい公共支援事業について

 平成22年11月26日、国において、「新しい公共支援事業」の補正予算(予算額87.5億円)が成立しました。「新しい公共」の担い手であるNPO等(※)の自立的活動を後押しするための事業である「新しい公共支援事業」を実施することで「新しい公共」の拡大と定着を図ります。
(※NPO等とは、特定非営利活動法人、公益法人、社会福祉法人、学校法人、ボランティア団体、地縁組織等の民間非営利組織をいいます。)

◆「新しい公共」とは◆

 「新しい公共」とは、これまで、行政が担ってきた業務や行政だけでは実施が困難であった業務を、「行政」だけではなく、府民の参加と選択のもとで、NPO法人や社会福祉法人、学校法人、企業などが積極的に公共的なサービス等の提案及び提供主体となり、医療・福祉、教育、子育て、まちづくり、学術・文化、環境、雇用、国際協力、防災等の身近な分野において共助の精神で行う仕組み、体制、活動などをいいます。

 ◇詳細については、内閣府ホームページをご覧ください。       
 
内閣府ホームページ 
新しい公共支援事業運営会議(外部サイト)

 ◆大阪府新しい公共支援事業 基本方針 [Wordファイル/68KB]    ◆大阪府新しい公共支援事業 事業計画 [Wordファイル/197KB]

 ◆大阪府新しい公共支援事業評価報告書 [PDFファイル/563KB]     ◆大阪府新しい公共支援事業運営委員会

◆平成24年度2次募集 選定事業について

  1. 「NPO等の活動基盤整備のための支援事業」・「寄附募集支援事業」・「融資利用の円滑化のための支援事業」(9件)
  2. 「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」(7件)
  3. 「新しい公共の場づくりのためのモデル事業<震災対応案件>」(2件)

◆平成24年度 選定事業について

  1. 「NPO等の活動基盤整備のための支援事業」・「寄附募集支援事業」・「融資利用の円滑化のための支援事業」(15件)
  2. 「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」(24件)
  3. 「新しい公共の場づくりのためのモデル事業<震災対応案件>(2件)
  4. 「社会イノベーション推進のためのモデル事業」(1件)

 ◆平成23年度 実施事業について

 ◆平成23年度事業報告会について

 平成24年8月29日(水曜日)開催の事業報告会については、こちらをご覧ください。 →平成23年度事業報告会

このページの作成所属
府民文化部 男女参画・府民協働課 府民協働グループ

ここまで本文です。