サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


分類 「雇用・労働」の検索結果

29件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>
回答:
高等職業技術専門校の科目は、建築・設備系(建築設計科、空調設備科等)、電気・通信・情報系(電気工事科、情報通信科等)、環境系(環境分析科)、機械・金属系(ものづくり基盤技術科、溶接板金技術科等)、制御系(産業ロボットシステム科等)、整備系(車体整備科等)などの他、身体障がい者、知的障がい者、発達障が …
回答:
訓練は基本的なことから始めますので、全く経験がなくても入校できます。
回答:
入校日現在、求職中の方であれば受験することができます。
回答:
訓練期間が1年又は2年の科目については、交通機関の学割が適用される場合があります。
回答:
公共職業安定所(ハローワーク)長の受講指示を受けて入校された方には、雇用保険の失業給付期間が延長されるなど、援護措置が適用される場合があります。この場合は、出願前に必ず居住地を管轄するハローワークで職業相談をしてください。 …
回答:
入校された方で世帯の所得額が一定基準に満たない場合、技能者育成資金融資の貸付制度があります。ただし、条件等により貸付を受けられない場合があります。詳しくは、技術専門校にご相談ください。 …
回答:
科目により異なりますが、資格または資格試験の受験資格が取得できます。
回答:
随時見学の受付を行っていますので、直接各高等職業技術専門校等にお問い合わせください。
回答:
労働者には、団結して労働組合をつくり、使用者と交渉する権利がありますが、使用者が労働組合の正当な行為をしたことに対して不利益な扱いをしたり、団体交渉を正当な理由なく拒んだり、労働組合の運営に支配・介入したときは、労働委員会は、その事実を審査し、原状回復のための救済措置を命じたり、和解による解決を図り …
回答:
申立書は、7部作成し、うち2部は、署名又は記名押印してください。 なお、相手方当事者(使用者)が複数ある場合は、相手方当事者の数に1部を加えた部数について、署名又は記名押印してください。(例:相手方が2者であれば、8部作成し、3部に署名又は記名押印してください) …
29件中 1〜10件目  1 2 3 次へ>>



ここまで本文です。