平成3年度大阪府統計年鑑 第18章 公務員及び選挙(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成3年度大阪府統計年鑑

地方公務員数

 地方公務員とは、地方公共団体に勤務する者をいうが、その範囲は広範かつ多様であり、さらに、その身分が国家公務員に属する者もいるなど、複雑多岐にわたっている。
 地方公務員を職別にみれば、府市町村議会議員、知事、市町村長、副知事、助役等の特別職と特別職以外の一般職とに分けられる。
 一般職を職員区分別、職種別にみると、教員公務員、讐察官、一般職員に分けられ、一般職員はさらに、一般行政職関係、消防関係、教育関係、警察関係に分けられる。
 平成3年4月1日現在の一般職の職員数は21万3328人で、前年より、307人減少している。
 上記職員以外の一部事務組合(地方公共団体が公共団体の事務の一部を処理するために設置する組合)の職員数は3370人で、うち、一般行政職関係880人、消防関係2119人等となっている。 

選挙人名簿登録者数

 昭和42年7月に住民基本台帳法が公布され、44年7月から同法第15条の規定が施行された。この結果、従来の永久選挙人名簿への登録中出制度が廃止され、住民基本台帳に記載されている者を市町村長が職権で登録することとなり、また、登録回数も選挙時と年1回(9月)の定時登録に簡素化されて、選挙時にできるだけ多くの有権者の把握ができるようになった。
 なお、平成3年9月2日現在の選挙人名簿定時登録者数は645万3693人で、前年より6万9553人増加している。

衆議院議員選挙

 平成2年2月3日公示された、第39回衆議院議員総選挙は、2月18日に投票がなされた。定数27人に対し、立候補者は43人で、選挙の結果、自由民主党8人、日本社会党5人、公明党7人、民社党1人、日本共産党5人、無所属1人が当選した。

上へ戻る

参議院議員選挙

 第15回参議院通常選挙は、平成元年7月5日公示、7月23日投票となった。
 大阪府選出議員選挙については、定数3人に対し、立候補者は15人で、選挙の結果、日本社会党、無所属、公明党各1人が当選した。

大阪府議会議員選挙

 第12回統一地方選挙での大阪府議会議員選挙は、平成3年3月29日告示1 4月7日投票となった。立候補者は185人と前回(184人)とほぼ同じであった。選挙の結果、自由民主党47人、日本社会党17人、公明党19人、民社党6人、日本共産党11人、無所属12人、諸派1人が当選した。
 無投票選挙区は、昭和42年の第6回統一地方選挙での7選挙区に次いで2番目に多い6選挙区となった。

大阪府知事選挙

 第12回大阪府知事選挙は、平成3年3月18日告示、4月7日投票となった。立候補者は2人で、昭和34年の第4回以来の新人対決となった。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。