富田林を灯す、3年ぶりの寺内町燈路

更新日:2022年9月30日

LINE

2022.09.30 富田林西口商店会 富田林市
LINE

 近鉄長野線の富田林西口駅前に、点在する形で広がる富田林西口商店会。
3年ぶりに富田林に幻想的な風景が戻ってきました。蔵の白壁や木格子が並ぶ古い街並みを、約1000基の行灯の明かりが照らす「富田林寺内町燈路」は、このまちの晩夏の風物詩です。地域の住民や商店、園児などによる手作り行灯に火が灯され、来訪者をお迎えしました。
 同イベントでは他にも、じないまち謡講による能や、ピアノとサックスのライブ、町の歴史や昔の様子などをスライド上映で解説するなど盛りだくさんの内容で、特に、興正寺別院の境内を行灯が照らす興正寺別院燈路は「静かな雰囲気でゆっくり楽しめた」と来訪者からも好評でした。

 イベントを始めたきっかけは、地元に人を呼びこむため、「商店街の発展と活気づけに何かできることはないか」という思いでした。令和4年度は露店・模擬店を実施しない形でしたが、火のともった行灯が均等に並ぶ姿は本当に美しく、一眼レフなどを持った人たちなどたくさんの方々が訪れました。
 「今は新型コロナウイルス感染症の拡大のため、なかなかイベントを実施できませんが、今後は地元住民や観光客の方が楽しめるイベントを企画し、人々の心を温かく灯したい」と富田林西口商店会会長の松井さんは意気込みを語っています。

富田林寺内町燈路のチラシ
富田林寺内町燈路のチラシ

たくさんの人が訪れた寺内町燈路/写真提供:富田林市観光協会
たくさんの人が訪れた寺内町燈路/写真提供:富田林市観光協会

均等に並ぶ行灯/写真提供:富田林市観光協会
均等に並ぶ行灯/写真提供:富田林市観光協会

古い町並みを灯す/写真提供:富田林市観光協会
古い町並みを灯す/写真提供:富田林市観光協会 

フッター

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。


ホーム > みんなで守ろう。おおさか > 富田林を灯す、3年ぶりの寺内町燈路