地元農家と地域住民をつなぐ「金剛マルシェ」

更新日:2022年7月5日

LINE

2022.06.20 金剛銀座商店街 富田林市
LINE

 南海高野線 金剛駅の東に位置する金剛銀座商店街では、令和4年6月25日(土曜日)に毎月恒例の「金剛マルシェ〜地場産やさい市〜」が開催されます。

 同イベントは、毎月地元の農家さんが作った季節の野菜はもちろん、地域の人が作ったアクセサリーや雑貨なども販売。毎回100〜200人以上が訪れる人気のイベントとです。また、同日に、同商店街内にある「わっくCafé」では子どもたちにカレーを提供する「カレー食堂」も実施されます。

 平成29年から開催されている「金剛マルシェ〜地場産やさい市〜」は「軽トラマルシェ」という名称で始まりました。「軽トラマルシェ」は、地元農家さんの「野菜を販売する場所がなくて困っている」という話を聞いた同商店街関係者が「それならば場所を提供しよう」と働きかけ、商店街の空きスペースに軽トラックを駐車してもらい、農家さんが運んできた野菜を試験的に販売してみたことから始まりました。
 すると、近隣に住む高齢者の方から「歩いて行ける場所で、地元の新鮮な野菜が買えてうれしい」とたちまち評判となりました。住民の大きな反響をうけ、「金剛地区まちづくり会議」と「富田林市の農業を創造する会」が連携し、金剛地区活性化の取り組みの一環として、現在のような月1回定期的に開催されるイベントとなりました。

「地域で作ったものを地域の人が食べ、地産地消の取り組みにもなっている」と金剛銀座商店会の木全(きまた)会長はイベント開催に手応えを感じています。
 今年は他にも多彩なイベントを開催予定で、毎年開催しているハロウィンではスタンプラリーと子ども向けにお菓子のプレゼント、クリスマスでは市と協力しイルミネーションの実施を企画中です。

金剛マルシェの情報(金剛地区まちづくり会議)はこちら(外部サイト)

金剛銀座商店街の情報はこちら(外部サイト)


「金剛マルシェ」のPRチラシ

「金剛マルシェ」のPRチラシ

チラシ裏面で、参加する農家さんを紹介
チラシ裏面で、参加する農家さんを紹介

「金剛マルシェ」の様子
「金剛マルシェ」の様子

夏には、ゴム風船釣りや金魚のおもちゃすくいも開催
夏には、ゴム風船釣りや金魚のおもちゃすくいも開催

               

フッター

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。


ホーム > みんなで守ろう。おおさか > 地元農家と地域住民をつなぐ「金剛マルシェ」