業務継続計画(BCP)に関するアンケート調査を行いました!

更新日:2018年6月22日

  寝屋川流域はその地形的特徴から浸水に対して脆弱な地域であるとともに、他地域に比べて製造業が多いことから、一旦浸水が発生すればサプライチェーンが途絶するなど日本経済に対し大きな影響を及ぼすことが想定されます。そのため、事前の備えとして各企業が業務継続計画(BCP)を作成することが重要ですが、その策定率は低いものと考えられます。
 そこで、BCPの策定状況を把握するとともに、策定できない理由等を把握することで今後のBCP策定普及の施策展開等を検討することを目的とし、寝屋川流域にある常用雇用者数20名以上の全製造業の事業所に対し、アンケート調査を実施しました。

アンケート結果と分析はこちら [PDFファイル/241KB]

このページの作成所属
都市整備部 寝屋川水系改修工営所 企画防災グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 河川・ダム・砂防 > 寝屋川水系改修工営所 最近の主なトピックス > 業務継続計画(BCP)に関するアンケート調査を行いました!