令和3年度「ものづくりイノベーション支援プロジェクト」認定・助成金の募集について

更新日:令和3年5月13日

※令和3年度事業の募集は終了しました。

新たな技術開発を行う事業者を応援します!

 大阪府では、ものづくり中小企業の新たな技術開発の取組みを募集します。
 提案のあったプロジェクトは、審査を経て「ものづくりイノベーション支援プロジェクト」として認定され、研究開発や設計・試作、実証調査に対する助成金、大阪府制度融資などの支援メニューを活用することができます。
 
 本補助金は、補助金申請システム「Jgrants」でのみ申請を受け付けます。
 JgrantsホームのURL(外部サイト) 
 Jgrantsを利用するにあたり、GビズIDプライムアカウントの取得が必要です。
 GビズIDプライムアカウントの取得にはおよそ2から3週間かかるため、余裕をもって準備してください。
 GビズIDのURL(外部サイト)
 申請方法については、Jgrantsの電子申請マニュアル等を参照いただきますようお願いします。

募集案内等

 ・令和3年度募集案内 [Wordファイル/198KB]  ※令和3年度事業の募集は終了しました。
  ものづくりイノベーション支援プロジェクト計画書 [Wordファイル/120KB]
  ・ものづくりイノベーション支援プロジェクト計画書(記入例) [Wordファイル/140KB]
  ・大阪ものづくりイノベーションネットワーク規約・入会申込書 [Wordファイル/49KB]
 ・イノベーション支援助成金交付要綱 [Wordファイル/78KB]
 ・イノベーション支援助成金交付(様式第1号から第12号) [Wordファイル/166KB]


募集案内等の配布・募集期間

  令和3年3月1日(月曜日)から令和3年4月30日(金曜日)まで 
  受付日時 募集開始日から締切日の17時まで
  募集期間内に、Jgrantsでの電子申請を行ってください。

応募対象者

  大阪ものづくりイノベーションネットワーク[随時入会可能、会費無料]に参画する企業会員と支援機関会員をそれぞれ1者以上含む共同事業体であること。

  ※ネットワークの概要は「大阪ものづくりイノベーションネットワーク」をご参照ください。

「ものづくりイノベーション支援プロジェクト」における支援メニュー ※支援メニューの活用には別途審査が必要です。

 (1)ものづくりイノベーション支援助成金

  研究開発や設計・試作、または特許・市場調査や実証試験などの取組みに必要な経費の一部を助成します。
 

事業名

助成限度額

助成率

採択予定件数

【第4次産業革命・DX推進枠】
  AI、Iot、ロボットまたはDX推進に関連する技術開発をするもの又はAI、IoT等を用いた業務効率化などのDX推進に資するツールの導入をするもの

200万円2分の1以内

7件程度

【基盤技術開発枠】
  新たな製品・技術を開発する事業

150万円2分の1以内2件程度

  (2)金融機関による資金融資

  ・大阪府制度融資(金融機関提案型融資)
     ⇒池田泉州銀行「ものづくり応援ローン」
  ・北おおさか信用金庫「北おおさかものづくり支援融資‘創るくん’」

審査・採択

 ・提案いただいた案件は、(1)技術面、(2) 事業化面、(3) 政策面、(4) 実現性、(5) 事業金額及び費用積算根拠の妥当性を中心に審査を行い、支援の必要性及び府の施策効果などを総合的に勘案して採否を決定します。
  ・審査を行うにあたり、提案者によるプレゼンテーション会を実施します。
  <日程>令和3年5月中旬予定 ※決まり次第お知らせします。
  <場所>クリエイション・コア東大阪内会議室
   ※詳細の集合時間・場所等は募集終了後に提案者あて通知します。

問合せ先

 大阪府商工労働部中小企業支援室
 ものづくり支援課 技術支援グループ

 <電話>06-6748-1050 <ファクシミリ>06-6748-1062
 <メールアドレス>sangaku@gbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室ものづくり支援課 技術支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > ものづくり支援 > IoT導入支援・ものづくりイノベーション支援 > 令和3年度「ものづくりイノベーション支援プロジェクト」認定・助成金の募集について