地黄住民参加の森づくり協議会

更新日:平成28年9月1日

森づくり活動の名称 

   地黄住民参加の森づくり

こんな森づくりをやっています(メンバー、活動地、目的、活動内容、活動の頻度等)

【活動地】
・能勢町地黄地区 「地黄住民参加の森」

【メンバー】
・地黄区役員、日本森林ボランティア協会、(財)大阪みどりのトラスト協会、大阪府森林組合豊能支店、能勢町、大阪府北部農と緑の総合事務所池田分室

【活動内容】
・当協議会は、都市住民と地元住民の交流による新しい森林管理システムの構築を目指して平成12年に発足し、活動を始めました。
・およそ191haにも及ぶ広大な区域の中には、スギやヒノキの人工林、アカマツ林、クヌギやコナラなどの広葉樹林、湿地や渓畔林などがあり、森林のタイプに応じた施業方針を立てて施業を行っています。
・昨年の12月には、森の味覚の王者「マツタケ」の発生を期待してマツタケ林施業を行いました。今から、数年先が楽しみです。
・第2土曜日を基本として年9回活動しておりますので、多くの方の参加をお待ちしております。
・最寄駅までお越しいただければ、メンバーの車で送迎しますので、車のない方も大丈夫です。詳しくは、下記までお問合せください。

お問い合わせ先 

     NPO法人「日本森林ボランティア協会」
             電話:06−6376−8255(FAXも同じ)
               E-mail:mori@npomori.jp

活動状況写真 

   画像です。作業中の写真           画像です。作業中の写真

       

大阪の森林と林業 のページへ

ひろがれ!みどり おおさかのみどりのホームページへ


このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室森づくり課 森林支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 自然環境・みどり > ひろがれ!みどり > 地黄住民参加の森づくり協議会