令和元年度 依存症相談対応・強化研修(A-3)

更新日:令和2年4月1日

 

令和元年度 依存症相談対応・強化研修(A-3)  ※終了しました。

受講対象

 ・保健所職員

 ・精神科医療機関職員

 ・市町村職員(生活保護・障がい福祉の担当課等)

 ・相談支援事業所職員

 ・その他相談支援に携わる関係機関職員

  (※)政令市(大阪市・堺市)を除く、大阪府内で勤務されている方が対象

上記のうち、相談対応の経験が4年以上ある職員で、現在依存症の方に関わる支援をされている方

 依存症の方は「やめたい」「変わりたい」と思っていても、その疾患の特性から、医療機関や相談機関につながるのに、時間がかかります。

 「動機づけ面接」は、相手の「変わりたい」という気持ちを引き出す手法の1つで、依存症の支援だけでなく、さまざまな面接場面で活用されています。

 動機づけ面接のエッセンスを学び、日々の相談支援に役立てるため、ぜひご参加ください。

 

○日   時:令和元年12月3日(火曜日) 午後1時30分から午後4時30分まで
                          
(受付:午後1時10分から)

○場   所:エル・おおさか (本館)5階 視聴覚室
       (大阪市中央区北浜東3-14)

○内   容:講義及び演習 『依存症者への援助に役立つ「動機づけ面接」を学ぶ』

           講師:北里大学医学部精神科学

           講師   澤山 透 氏

     案内ちらし [PDFファイル/229KB] 

   

◆定   員:70名(申込先着順)

◆参加費:無料

◆申込方法

  終了しました。 

     ※締切り後、受講可能な方には受講決定通知をメールでお送りしています。 
      
受講決定通知の画面を印刷して、当日ご持参ください。 

     ※欠席される場合は、必ずご連絡ください。

  

   ●受講された方には、受講者名簿を配布します。

 

◆問合せ先

大阪府こころの健康総合センター 事業推進課 担当:川添・平川

電話:06−6691−2810  FAX:06−6691−2814

E-mail: kenkosogo-g22@sbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
健康医療部 こころの健康総合センター 相談支援・依存症対策課

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > それって依存症? > 令和元年度 依存症相談対応・強化研修(A-3)