令和元年(2019年)12月

更新日:令和2年3月5日

12月26日(木曜日) 第98回全国高校サッカー大阪代表校 興國高校サッカー部の表敬訪問

 記念撮影をする知事

第98回全国高校サッカー選手権大阪大会で優勝し、全国大会に出場する興國高等学校サッカー部の表敬訪問を受けました。その中で知事は「全国大会への出場おめでとう。頂点をめざして頑張ってほしい」と激励の言葉を述べました。
(担当:教育庁私学課)

12月25日(火曜日) 令和元年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会

 あいさつをする知事

リニア中央新幹線の名古屋・大阪間の早期着工と一日も早い全線開業をめざし、名古屋以西の沿線府県である大阪府、三重県、奈良県の自治体および経済団体などが一堂に会する「令和元年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会」を関係団体とともに奈良県で開催しました。
主催者あいさつにおいて知事は、「リニア中央新幹線は、東京・大阪間の時間距離を飛躍的に縮めることから、東西二極の一極をめざしている大阪にとって、一日も早い全線開業が必要」と述べました。
(担当:戦略事業室空港・広域インフラ課)

12月21日(土曜日) 第1回「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」

 会議に出席する知事

万博開催の地元としてのパビリオンなどの出展検討を行うにあたり、さまざまな分野・幅広い世代の有識者から意見を伺うことを目的として、「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」の第1回会議を開催しました。
会議では、医療や先端技術、スポーツや食などの専門家である各委員との意見交換を行い、知事は「皆さんの色んな意見も踏まえて、テーマである“いのち”をキーワードに、大阪らしく新たな価値観を生み出すようなワクワクするパビリオンにしたい」と述べました。
(担当:政策企画部万博協力室)

12月19日(木曜日) WRO(世界の小中高校生による国際ロボット競技会)に出場した児童生徒の知事表敬訪問

 記念撮影をする知事

11月にハンガリーで開催されたWRO(世界の小中高校生による国際ロボット競技会)に出場した、府内小・中・高校生の表敬訪問を受けました。
知事は「これまで応援してくれた周りの人たちへの感謝の気持ちを大切に、これからも大阪、日本の未来のために活躍していただきたい」と激励しました。
(担当:教育庁私学課)

12月12日(木曜日) 大阪天満宮招福娘の来訪

 招福娘の皆さんと知事

大阪天満宮招福娘の皆さんが大阪府民の皆さんに福を授けるため来庁されました。招福娘の皆さんは、来年が輝かしき良き年となるよう祈念し、えびす締めを行われました。知事は「今年はG20サミットの開催や百舌鳥・古市古墳群の世界遺産認定など、大阪にとって飛躍の年となりました。来年は、景気の良い大阪となるよう、招福娘の皆さんの笑顔で、大阪のまちに福を運んでいただきたい」と述べました。
(担当:秘書課)

12月9日(月曜日) 2025大阪・関西万博に向けた未来社会のデザイン国際シンポジウム

 松井市長、大阪大学森下教授と鼎談(ていだん)を行う知事

2025年大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に向けてSDGsの達成とSociety5.0の実現などについて関係者が議論するシンポジウムに出席しました。特別鼎談(ていだん)の中で知事は、「万博に向けて新しい技術やチャレンジができるような規制緩和や、ベンチャー支援が必要」と述べました。
(担当:政策企画部万博協力室)

12月9日(月曜日) 大阪府障がい者週間の関連行事(知事表彰の実施)

 あいさつをする知事

12月3日から9日の障がい者週間にあたり、障がい者福祉の推進に貢献された方および自立して他の障がい者の方々の模範となる方を表彰し、併せて、障がい者に対する理解の促進を図るため募集した「心の輪を広げる体験作文」と「障がい者週間のポスター」の入賞者をそれぞれ表彰しました。表彰式において知事は、お祝いの言葉とともに、「一人一人が尊重され、人と人とが支え合う「共生社会」の実現になお一層努めていく」と述べました。
(担当:障がい福祉室障がい福祉企画課)

12月6日(金曜日) 「第13回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」優勝者の知事表敬訪問

 記念撮影をする知事

「第13回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」で優勝した大阪府ゆかりの選手の表敬訪問を受けました。
選手から知事に向けて空手のデモンストレーション(ミット打ち)が披露され、知事は、「披露された技から気迫を感じた。周りの人への感謝の気持ちを忘れることなく、空手を志す者が憧れるような選手へとさらに成長されることを期待している」と激励しました。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

12月3日(火曜日) 「大阪府とソフトバンク株式会社、MONET Technologies株式会社との包括連携協定」締結式

 宮川副社長、柴尾副社長と知事

大阪府とソフトバンク株式会社、MONET Technologies株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事とソフトバンク株式会社の宮川副社長、MONET Technologies株式会社の柴尾副社長が出席しました。この協定により、地域活性化、産業振興、子ども、府政のPR、雇用、健康、環境・農業、防災・防犯など、8分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。知事は、「ソフトバンクさん、MONET Technologiesさんが持つ最先端の技術力、ネットワークをお借りしながら、大阪府全域においてもスマートシティを進めていきたい。2025年に向けて、大阪を世界各地の力が結集し、新しいものが生まれるエリアにしていきたい」と述べました。
(担当:財務部行政経営課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。