(社会実験)りんくう公園において、出入口の車止めの一部を取り外します

更新日:令和2年7月1日

府営公園の出入口には、園内にバイクや車の進入を防ぎ、来園者の安全を確保するため車止めを設置しています。

一方で、車いすやベビーカー、チャイルドシート付き自転車などを利用する方々には、車止めがあることで出入りしづらい状況になっているため、誰もが快適に府営公園をご利用いただけるよう、浜寺公園においては、平成30年2月から出入り口の車止めの一部を日中に取り外す社会実験を実施してきました。社会実験の結果、大きなトラブルはなく、公園利用者からは賛成のご意見が多く寄せられたため、平成31年2月から、通年での運用を始めています。

この度、浜寺公園に引き続き、りんくう公園においても出入口の車止めの一部を取り外す社会実験を実施します。

なお、バイクによる暴走行為など来園者に危険が及ぶ事象が生じた場合は、公園管理者の判断により一時中止させていただくことがありますので、皆様のご協力をお願いします。

実施場所

りんくう公園(泉佐野市)

実施出入口

1箇所(位置図参照)

りんくう公園の位置図

実施時期

令和2年7月1日(水曜日)から令和3年6月30日(水曜日)
午前10時から午後4時まで
※ 年末年始(12月29日から1月3日)は除きます。

実施方法

りんくう公園社会実験実施場所の詳細図


詳細は以下のホームページをご覧ください。

りんくう公園ホームページ(外部サイト)

このページの作成所属
都市整備部 都市計画室公園課 公園活性化グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市魅力・観光・文化 > スポーツ・公園 > 事業紹介 > (社会実験)りんくう公園において、出入口の車止めの一部を取り外します