第39回人権啓発詩・読書感想文入選作品 詩の部門【小学校(小学部)高学年の部】 P.26

更新日:令和3年3月25日

『言葉の使い方』                                 寝屋川市立石津小学校 5年 角間 杏菜

相手の気持ちかんがえへんの?
「死ね」って言って相手はどう思う?
ネットになるとみんな急につよくなる
人の意見になみのようにながされる
人の体はかるくきずついたって死ねへん
人の心はかるくきずついて死ぬ
言葉は使い方でナイフなんかより
おそろしい凶器になる
テレビでみた
ああ
あなたのそのたった一言
他の人はなんとも思わなくても
相手はその凶器で心をさされてる
「ネット」は楽しむもの
「死」においこむものではない
考えようや
たった一言で人の命はうばえる
どんなにささいなことでも。
人の心はもろいんやから。


目次

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 第39回人権啓発詩・読書感想文入選作品 詩の部門【小学校(小学部)高学年の部】 P.26