花粉情報

更新日:令和3年5月27日

藤井寺保健所(藤井寺市藤井寺1-8-36)屋上で測定した花粉飛散状況です。

情報が更新されていない場合はツールバーの「更新」をクリックしてください。

2021年 藤井寺保健所 花粉情報

スギ花粉・ヒノキ科花粉の飛散が終わりましたので、2021年の花粉測定は終了しました。

この春、当保健所屋上で測定した花粉飛散状況は、次の通りです。

花粉飛散開始日(2日以上連続で1平方センチメートルあたり1個以上観察された最初の日)

 ・ス  ギ:  212日(昨年212日)

 ・ヒノキ科:  315日(昨年318日)

花粉飛散終了日(3日連続で1平方センチメートルあたりゼロであった最初の日の前日)

 ・ス  ギ:  324日(昨年331日)

 ・ヒノキ科:  420日(昨年423日)

最大飛散日(花粉の飛散期間中、最も多く飛散した日)と飛散数(1平方センチメートルあたりの個数)

 ・ス  ギ:  31日、432個(昨年 33日、35個)

 ・ヒノキ科:  324日、209個(昨年 331日、126個)

総飛散量(飛散期間中の飛散数の合計)

 ・ス  ギ:  1804個(昨年 594個)

 ・ヒノキ科:  1093個(昨年 485個)

 

花粉の飛散期間は、スギ花粉の飛散開始日は昨年と同じで飛散終了日が7日早く、ヒノキ科花粉は飛散開始日及び飛散終了日が3日早くなりました。

最大飛散日は、スギ花粉は昨年とほぼ同じでしたが、ヒノキ科花粉は3月下旬に気温の高い日が続いたため、昨年より1週間早くなりました。

スギ・ヒノキ科花粉の総飛散量は、少なかった昨年に比べ、スギが約3.0倍、ヒノキ科は約2.3倍となりました。

今シーズンは、日本気象協会の予測通り、昨年と比べてスギ花粉・ヒノキ科花粉ともに非常に多くなりました。

過去5年間の平均と比較した場合、スギ花粉はやや多く、ヒノキ科花粉はやや少ない年でした。

 2021年のスギ・ヒノキ科花粉の飛散状況、スギ・ヒノキ科花粉の総飛散量の年次推移  

2021年藤井寺保健所花粉捕集数一覧 [Excelファイル/20KB]

○大阪府茨木保健所  ○大阪府泉佐野保健所

大阪府の花粉情報について詳しく知りたい方はこちらへ(大阪府保健所検査課ホームページ)

このページの作成所属
健康医療部 藤井寺保健所 検査課

ここまで本文です。


ホーム > 検査課 > 花粉情報