『今後の障がい者相談支援体制並びに地域移行・地域定着支援の進め方と留意事項』について

更新日:平成29年7月21日

 大阪府では、今後の相談支援体制や地域移行に関する基本的な考え方を整理するとともに、円滑な地域移行の推進のための手順等を提案するものとして、『今後の障がい者相談支援体制並びに地域移行・地域定着支援の進め方と留意事項』を作成しました。

 これは、平成23年12月に大阪府障がい者自立支援協議会の意見を踏まえ作成した「今後の地域移行・地域生活支援について(提案)」を、平成24年4月の「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」及び平成25年4月(一部平成26年4月)の「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法令の整備に関する法律」の施行等にあわせて、一部加除修正したものです。
 
 各市町村、相談支援事業者のみなさまにおかれてましては、地域の実情等に応じた創意工夫を凝らし、第4次大阪府障がい者計画の基本理念「人が人間(ひと)として支え合いともに生きる自立支援社会づくり」を踏まえて施策の推進に努めてください。


 今後の障がい者相談支援体制並びに地域移行・地域定着支援の進め方と留意事項 [PowerPointファイル/2.32MB] 
  今後の障がい者相談支援体制並びに地域移行・地域定着支援の進め方と留意事項(PDF) [PDFファイル/7.86MB]                                                                 

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室地域生活支援課 地域生活推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉部障がい福祉室地域生活支援課 > 『今後の障がい者相談支援体制並びに地域移行・地域定着支援の進め方と留意事項』について