サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「その他の手続きをする」の検索結果

156件中 51〜60件目  <<前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>
回答:
農薬を販売する場合、販売者は、その販売所ごとに、氏名及び住所等を都道府県知事に届け出なければなりません。 届け出の時期は、 1)新たに販売を開始する場合は、開始の日まで 2)販売所を増設した場合は、増設の日から2週間以内 3)届出事項に変更を生じた場合は、変更を生じた日から2週間以内 となっています …
回答:
その土地が市街化区域で土地の面積が500平方メートルを超える場合、都市計画法第29条による開発許可が必要になる場合があります。 開発許可が要らないと判断される場合でも、建築確認申請をするときに開発許可が不要であることの証明書(都市計画法施行規則第60条)の添付が求められますので、事前に担当課に相談 …
回答:
交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないものとして別途許可を受けたものについては、建築基準法の接道規定を満足するものとして取り扱うことができます。
回答:
道路の種類によりお問い合わせ先が異なります。 国道、府道、市町村道については所管している国道事務所、各土木事務所、市町村の道路管理窓口まで。(参考リンクをご参照ください) 位置指定道路は、大阪府建築部建築指導室審査指導課へ、開発道路については各地域を管轄している開発指導担当へお問い合わせください …
回答:
宅建業者は、免許を受けた後、免許申請書に記載した事項について変更があった場合は、宅建業法第9条により事実発生後30日以内に、免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届出なければなりません。 手続きの詳細については、ホームページの(7)変更の届出(免許証書換え交付申請含む)をご確認ください。 …
回答:
市街化調整区域内であるかは計画地の市町村で確認することができます。 市街化調整区域内で開発行為や建築行為を行う場合は、都市計画法第34条各号のいずれかに該当する必要があります。許可が可能かどうかは担当課に確認してください。 また、その土地が市街化調整区域であれば、土地の大きさに関わらず建物の建築が制 …
回答:
動物の愛護及び管理に関する法律が令和2年6月1日より改正され、特定動物(危険な動物として、動物の愛護及び管理に関する法律施行令で指定されている動物)を飼うことは原則禁止となりました。これまでに許可を受けて飼ってきた方や、動物園などで許可を受けることができる場合を除いては、新たに特定動物を飼うことは出 …
回答:
市町村農業振興地域整備計画において農用地区域とされた農地は原則として転用できませんが、農業振興地域の整備に関する法律第13条第2項の各号の要件をすべて満たした場合に限り市町村は除外することができます。 1 農用地以外に供することが必要かつ適当であって、農用地区域以外に代替すべき土地がないこと。 2  …
回答:
指定配合肥料を輸入しようとする場合は、その銘柄毎に農林水産大臣に届け出なければなりません。 ※ 詳細は、下記の「お問い合わせ窓口」にお問い合せください。 …
回答:
○市街化調整区域内の農地の転用を行う場合には、農地法第4条・第5条の許可が必要です。 ・農地法第4条・・・農地の所有者が、自らその農地を転用する場合で、申請は、農地を転用する者が行います。 ・農地法第5条・・・農地の所有者以外の者が、農地の売買等の後に転用する場合で、申請は、転用するために権利を譲り …
156件中 51〜60件目  <<前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ>>


お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内
ホーム > ピピっとネットトップ > お問合せ集(FAQ) > 目的 「その他の手続きをする」の検索結果

ここまで本文です。