財政力指数


 財政力指数とは、全国の地方公共団体の財政力を同じ尺度で測るための指数で、普通交付税上の基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た数値の過去3年間の平均値で、いわば、ある団体について、標準的な税制のもとでの歳入が標準的な歳出を賄える比率を過去3年間平均したものです。この数字が1を超えていれば、その団体は、3年間を通してみると、自分の団体の標準的な税収などで標準的な行政運営を行う財政力を有していることになります。

 大阪府の財政力指数は、近年、平成3年度のピーク時には1を大きく上回っていましたが、平成7年度以降は1を下回っています。


財政力指数の推移

全国の財政力指数   (平成20年度)

東京都

1.41三重県0.62山梨県0.44青森県0.33
愛知県1.10群馬県0.61奈良県0.44岩手県0.31
神奈川県0.96滋賀県0.61福井県0.42鹿児島県0.31
大阪府0.83岡山県0.57愛媛県0.42宮崎県0.31
千葉県0.80岐阜県0.55北海道0.40沖縄県0.30
埼玉県0.77宮城県0.54熊本県0.40秋田県0.30
静岡県0.77長野県0.49大分県0.37長崎県0.30
茨城県0.68香川県0.48佐賀県0.34鳥取県0.27
栃木県0.66石川県0.48和歌山県0.34高知県0.25
京都府0.65富山県0.48山形県0.34島根県0.24
兵庫県0.63山口県0.48徳島県0.33  
福岡県0.63福島県0.46平均(東京を含む)

0.52

広島県0.63新潟県0.44平均(東京を含まず)

0.50

このページの作成所属
財務部 財政課 公債管理グループ

ここまで本文です。