令和2年度当初予算(政策的経費) 青少年有害環境対策推進事業費

管理事業名 :青少年の健全育成事業 予算要求課 青少年・地域安全室
事業名 :青少年有害環境対策推進事業費(20140672) 予算計上課 青少年・地域安全室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 青少年指導費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  スマートフォンの普及に伴い、青少年の行動をより危                            大阪の子どもを守るネット対策事業                                   
 険に近づきやすくしてしまっている点等が指摘されてお                            ○実行委員会の設置及び開催                                      
 り、喫緊に対策を講じることが課題である。                                  関係機関による実行委員会を設置し、産学官協働で事                          
  フィルタリングの普及啓発やスマートフォンやインタ                            業の企画や運営に関する指導・助言や事業実施後に                            
 ーネットを通じて性的被害等に遭わないための対策とと                            は事業評価を行う。(2回開催予定)                                  
 もに、青少年自身がインターネットの有用性と危険性の                            1.OSAKAスマホサミット<国庫>                                 
 両面を踏まえ、主体的に考え、賢くインターネット社会                            青少年が主体となって、スマホを介した性被害防止やフ                          
 を生きていく力(ネットリテラシー)を高める必要があ                            ィルタリング普及・啓発、ネットトラブル防止等につい                          
 る。                                                   てワーキンググループを結成し、ワークショップを通じ                          
  そのため、教育機関やPTA、事業者等からなる実行                            て対応策について議論し、その結果をOSAKAスマホサミ                        
 委員会と青少年が協働で、青少年の視点を交えた普及活                            ットにて発表する。                                          
 動やネットリテラシー向上に向けた取組を実施する。                             また、保護者についてもワーキンググループを結成し、                          
開始終了年度                                                青少年のスマホの利用実態を踏まえた対策について議論                          
 平成26年度〜令和 2年度                                        するとともに、子どもと保護者が一緒になって考える場                          
 も設定する。                                             
 【活動指標】                                             
 ・平成30年度実績                                          
  スマホアンケート小中高80校約17,487人                            
  サミット参加生徒数 15校54名 来場者約300名                         
 ・令和元年度見込み                                          
  スマホアンケート小中高校19,848人                               
  サミット参加生徒数 14校30名 来場者約300名                         
 ・令和2年度目標                                           
  スマホアンケート小中高校20,000人                               
  サミット参加生徒数 15校30名 来場者約300名                         
                                                    
 2.報告書兼事例・教材集の作成・配布<国庫>                             
  成果や先進事例・教材・指導手引書等をとりまとめ、                          
 府内の小中高校等に3,000部配布                                  
 ************************************************   
 【成果指標】                                             
  市町村や各学校における取組の普及・定着をめざす                           
 【自己評価】                                             
  フィルタリングの普及啓発やネットを介した被害の防                          
 止、市町村や各学校におけるネットリテラシー向上に向                          
 けた取組の普及・定着に寄与している                                  

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 2,121 2,121 0 0 0
要求額 1,630 1,630 0 0 0
査定額 1,630 1,630 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫委託金 政策企画費委託金 青少年の健全育成事業委託金 1,630 1,630

要求額の内訳

査定額の内訳

1 有害情報対策推進事業                 
。。
1,630千円 要求どおり                        
○国委託金の範囲内で実施すること。            
1,630千円
 (1) 実行委員会の開催                 215千円                               215千円
 (2) 普及啓発・指導者育成事業             1,415千円                               1,415千円

明細 有害情報対策推進事業 実行委員会の開催(20140672-00010001)

明細 有害情報対策推進事業 普及啓発・指導者育成事業(20140672-00010002)



ここまで本文です。