平成31年度当初予算(部長後調整要求) 外国人材受入環境整備検討調査事業費

管理事業名 :企画調整事業 予算要求課 企画室
事業名 :外国人材受入環境整備検討調査事業費(20190138) 予算計上課 企画室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 計画調査費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  出入国管理及び難民認定法の改正案が成立し、新たな                            外国人材の受け入れのための環境整備に向けた検討を進                          
 在留資格「特定技能」が創設。あわせて、制度の適正な                            めるため、大阪市・経済団体等と連携し、下記の調査を                          
 運用を図るための基本方針が策定され、当面の受け入れ                            実施。                                                
 分野(特定産業分野)と見込み数が示された。府内でも                            ・特定産業分野に属する府内企業の意向調査、個別ヒア                          
 相当数の外国人材の受け入れが想定されるが、府内企業                            リング                                                
 の動向、各分野のニーズの把握、適切な受け入れに向け                            ・その他受け入れに向けた課題に関する調査                               
 た体制・ルールの整備等が課題となっている。                                                                                   
  そのため、大阪市や経済団体等とも連携し、外国人材                            <活動指標>                                             
 の受け入れのための環境整備に向けた検討を進めるため                            特定産業分野に属する府内企業の意向調査、個別ヒアリ                          
 、官民連携による総合的な調査を実施する。                                 ング:3分野                                             
 その他受け入れに向けた課題に関する調査:2テーマ                           
                                                    
 <成果指標>                                             
 外国人材の受け入れにあたっての課題解決に向けた対応                          
 方針の検討                                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 0 0 0 0 0
調整要求額(部長後) 6,000 0 0 3,000 3,000
査定額 6,000 0 0 3,000 3,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

雑入 総務費雑入 企画調整事業雑入 3,000 3,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 外国人材受入環境整備検討調査費             6,000千円 要求どおり                         6,000千円
 (1) 外国人材受入環境整備検討調査費          6,000千円                               6,000千円

明細 外国人材受入環境整備検討調査費 外国人材受入環境整備検討調査費(20190138-04561114)



ここまで本文です。