ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度補正予算(一般会計第6号)等通常 > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(地域医療事業)

平成29年度補正(第6号) 地域医療介護総合確保基金事業費(地域医療事業)

管理事業名 :地域医療事業 予算要求課 保健医療企画課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(地域医療事業)(20162926) 予算計上課 保健医療企画課
款名・項名・目名 :健康医療費 医薬費 医務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 医療介護総合確保法第4条に基づく都道府県計画におけ  1在宅医療情報基盤整備事業
 る地域医療の確保に関する取組みを実施する。   在宅医療の多職種情報共有システムや病院・診療所間
  の医療情報提供システム導入経費の一部を補助する。
  【活動指標】
   在宅医療介護ICT連携事業   10か所を補助
   地域医療機関ICT連携整備事業 15か所を補助
 2在宅医療推進事業
 (1)在宅医療推進事業
  @在宅医療推進コーディネータ事業
    在宅医の確保を図る人材の配置経費を補助する
   とともにその人材の質の確保するための研修を実施
   【活動指標】57地区医師会にコーディネータを配置
  A地域医療連携コーディネータ事業
    地区医師会が中心となり、患者の円滑な入退院、
   在宅医療・かかりつけ医への移行促進、異なる地域
   間の医療連携に向けた仕組みを構築
   (3地区でモデル事業を実施)
   【活動指標】地域医療連携ネットワーク構築数
         病院から地域への逆紹介数
  B在宅医療の普及促進事業
    医療従事者が看取りまで含めた在宅医療を理解・
   実践するために必要な知識を習得し、患者や家族へ
   適切な情報提供と説明ができるよう、在宅医療の理
   解を深める研修等を実施
   【活動指標】研修参加人数 660人
  C在宅医療移行支援事業
    地域の在宅医療移行体制を整備するため、在宅移
   行支援等に取組む人材を養成・確保するとともに、
   退院支援の取組みや医療機関間の連携等を推進し、
   在宅療養患者の病状変化時の受入れ体制の確保に努
   める医療機関に対し、経費の一部補助を実施
   【活動指標】退院支援の強化に取組む医療機関
                      16か所
 【補正理由】
  ・補助申請数が当初予定数に満たなかったため
  ・消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額の返還が
   発生したため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

現計予算額 579,723 0 0 579,723 0
補正額 ▲185,281 0 0 ▲185,281 0
査定額 ▲185,281 0 0 ▲185,281 0

特定財源の積算根拠

項目

現計予算額

補正要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療事業基金繰入金 579,723 ▲185,820 ▲185,820
雑入 健康医療費雑入 地域医療事業雑入 0 539 539

要求額の内訳

査定額の内訳

1 在宅医療情報基盤整備事業 ▲67,741千円 要求どおり ▲67,741千円
  (1) 在宅医療情報基盤整備事業 ▲68,132千円   ▲68,132千円
  (2) 消費税仕入控除税額返還金積立金 391千円   391千円
2 在宅医療推進事業 ▲117,540千円 要求どおり ▲117,540千円
  (1) 在宅医療推進事業 ▲117,688千円   ▲117,688千円
  (2) 消費税仕入控除税額返還金積立金 148千円   148千円

明細 在宅医療情報基盤整備事業 在宅医療情報基盤整備事業(20162926-00010003)

明細 在宅医療情報基盤整備事業 消費税仕入控除税額返還金積立金(20162926-00010026)

明細 在宅医療推進事業 在宅医療推進事業(20162926-00030002)

明細 在宅医療推進事業 消費税仕入控除税額返還金積立金(20162926-00030023)



ここまで本文です。