平成29年度当初予算(政策的経費) 青少年有害環境対策推進事業費

管理事業名 :青少年の健全育成事業 予算要求課 青少年・地域安全室
事業名 :青少年有害環境対策推進事業費(20140672) 予算計上課 青少年・地域安全室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 青少年指導費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  スマートフォンの普及に伴い、青少年の行動をより危  青少年のネットリテラシー向上プロジェクト
 険に近づきやすくしてしまっている点等が指摘されてお  ○実行委員会の設置及び開催
 り、喫緊に対策を講じることが課題である。   関係機関による実行委員会を設置し、産学官協働で事
  インターネット社会においては青少年自身がインター  業の企画や運営に関する指導・助言や事業実施後に
 ネットの有用性と危険性の両面を踏まえ、主体的に考え  は事業評価を行う。(2回開催予定)
 、賢くインターネット社会を生きていく力(ネットリテ  1.地域普及・定着型OSAKAスマホサミット<国庫
 ラシー)を高めることが重要である。そのため、教育機  >
 関やPTA、事業者等と協働で、青少年のネットリテラ  青少年自身にインターネットを適切に利活用する方法を
 シーを高める取組を実施する。  考えさせ広く地域に普及・定着させるため、学校連携型
開始終了年度  の取組を支援する。
 平成26年度〜平成31年度  ・利用実態を把握するためのスマホアンケートを実施
 ・サミット本番までにワークショップを3回開催
 ・議論の成果をサミットで発表
 【活動指標】
 ・平成27年度実績
  スマホアンケート小中高45校21,600人
  サミット参加生徒数 12校30名 来場者280名
 ・平成28年度見込
  スマホアンケート小中高110校40,000人
  サミット参加生徒数 14校35名 来場者300名
 ・平成29年度目標
  スマホアンケート小中高校20,000人
  サミット参加生徒数 約20校45名 来場者300名
 2.教職員向けインターネット指導者研修<国庫>
  教職員やPTA、青少年指導員等を対象に研修を実施
 し、知識・指導力の向上を図る。
 【活動指標】
 ・平成27年度実績 12回実施 900名参加
 ・平成28年度見込 12回実施 800名参加
 ・平成29年度目標 12回実施 800名参加
 3.低年齢化対策:小学生低・中学年への出前講座<新
 規:府費>
 @大学生講師を小学校に派遣
 A親子勉強会の実施
 【活動指標】
 ・平成29年度目標
  @50校(府内各市町村に1校程度)
  A2回(各回20組)
 4.報告書兼DVD付き事例・教材集の作成・配布<国
 庫>
  1〜3の成果や先進事例・教材・指導手引書等をとり
 まとめ、府内の小中高校等に4,000部配布
 ************************************************
 【成果指標】
  市町村や各学校における取組の普及・定着をめざす

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 3,660 2,351 0 0 1,309
要求額 6,225 3,010 0 0 3,215
査定額 3,010 3,010 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫委託金 政策企画費委託金 青少年の健全育成事業委託金 3,010 3,010

要求額の内訳

査定額の内訳

1 有害情報対策推進事業 6,225千円   3,010千円
   ○国庫委託の範囲内で実施すること。
  (1) 実行委員会の開催 307千円 要求どおり 307千円
  (2) 普及啓発・指導者育成事業 5,918千円   2,703千円
   ○事業費の精査。
   ○小学校低・中学年への出前講座等については、小学校
    行政を担う市町村において取り組むべきもの。

明細 有害情報対策推進事業 実行委員会の開催(20140672-00010001)

明細 有害情報対策推進事業 普及啓発・指導者育成事業(20140672-00010002)



ここまで本文です。