平成29年度当初予算(部長後調整要求) 漁港整備保全費()

管理事業名 :漁港事業 予算要求課 水産課
事業名 :漁港整備保全費()(19962687) 予算計上課 水産課
款名・項名・目名 :環境農林水産費 水産業費 漁港費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 漁港事業  1.国庫補助事業
  水産業の健全な発展及びこれによる水産物の安定供給   【目的】漁港・海岸施設の補修や整備を行うことで、
  を図るため、漁港施設の整備を行う。       その機能を適切に保持、強化する。
 海岸事業   【成果指標】H29予定 佐野漁港護岸補修136m、
  高潮災害、東南海・南海地震津波被害から府民の生命     高石漁港外防潮堤改修407m
  ・財産を守る。         H28見込 佐野漁港岸壁補修120m、
 漁港・海岸防災費【地震対策(重点化)】     佐野漁港護岸補修172m、
  南海トラフ地震発生に伴う津波への備えとして、防潮     深日漁港外トイレ2基、
  堤の液状化対策等の耐震補強を行うことで、背後地域     高石漁港外防潮堤改修393m
  の浸水被害を防止し、生命や財産の保全を図る。         H27実績 佐野漁港岸壁補修35m、
根拠法令   佐野漁港護岸補修84m、
 漁港漁場整備法   深日漁港外防火水槽2基
 海岸法  (1)漁港事業
   水産物供給基盤機能保全事業
  【事業内容】岸壁・護岸補修工事
  【事業開始年度】平成21年度〜
  【H29事業箇所】佐野漁港
 (2)海岸事業
   老朽化対策事業
  【事業内容】海岸長寿命化計画策定
  【事業開始年度】平成29年度〜
  【H29事業箇所】堺出島漁港海岸外
 (3)漁港・海岸防災費【地震対策(重点化)】
  【事業内容】防潮堤改修工事
  【事業開始年度】平成25年度〜
  【H29事業箇所】高石漁港、岸和田漁港
  <調整の理由>
   公共施設等整備基金の充当等
 2.単独事業
  【目的】漁港・海岸施設の補修や整備を行うことで、
      その機能を適切に保持、強化する。
  【成果指標】H29予定 石津漁港転落防止柵設置100m、
            西鳥取漁港外標識灯更新6基、
            下荘漁港防潮門扉補修2基、
            岡田漁港防潮堤補修12箇所
        H28見込 岡田漁港フェンス補修100m、
            佐野漁港外標識灯更新6基、
            淡輪漁港外防潮門扉補修2基、
            淡輪漁港外防潮堤補修7箇所
        H27実績 堺出島漁港防護柵補修50m、
            田尻漁港外標識灯更新6基、
            深日漁港防潮門扉補修2基、
            下荘漁港外防潮堤補修11箇所
 (1)漁港特別改良事業
  【事業内容】標識灯の更新工事等
  【事業箇所】西鳥取漁港外
  【事業期間】平成29年度
 (2)漁港特別改良事業(海岸)
  【事業内容】防潮門扉の補修工事等

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 946,831 460,000 415,000 34,000 37,831
要求額 614,365 293,800 266,000 0 54,565
内示額 614,365 293,800 266,000 0 54,565
調整要求額(部長後) 0 0 0 18,500 ▲18,500
査定額 0 0 0 18,500 ▲18,500

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費国庫補助金 水産業費補助金 漁港事業補助金 0 0
公共施設等整備基金繰入金 公共施設等整備基金繰入金 漁港事業基金繰入金 18,500 18,500
環境農林水産債 水産業債 漁港事業債 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 国庫補助事業 0千円 要求どおり 0千円
  (1) 漁港事業 0千円   0千円
  (2) 漁港・海岸防災費【地震対策(重点化
    )】
0千円  
 
0千円
2 単独事業 0千円   0千円
  (1) 漁港事業事務費 0千円   0千円

明細 国庫補助事業 漁港事業(19962687-00010047)

明細 国庫補助事業 漁港・海岸防災費【地震対策(重点化)】(19962687-00010081)

明細 単独事業 漁港事業事務費(19962687-00020063)



ここまで本文です。