平成29年度当初予算(経常的経費) 産業デザインセンター事業費

管理事業名 :新事業創造事業 予算要求課 商業・サービス産業課
事業名 :産業デザインセンター事業費(20060567) 予算計上課 中小企業支援室
款名・項名・目名 :商工労働費 商工業費 商工業振興費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 中小企業におけるデザイン活用の促進、デザイン人材の  産業デザインセンターは、デザイン開発相談・指導、デ
 育成及びデザインに関する情報の提供により、商品開発  ザイン人材の育成、デザイン情報の提供など、企業活動
 力の強化を図る。  をデザイン面から総合的に支援している。
 【活動指標】
  1 府内中小企業のデザイン活用を支援するための相
    談事業を実施する。
    ・相談件数(簡易相談は含まない)
     25年度 64社(592件)
     26年度 84社(759件)
     27年度 95社(587件)
     28年度 60社(600件)【見込】
     29年度 60社 (600件) 【目標】
  2 デザインを活用できる人材を育成するため大阪府
    デザイン・オープン・カレッジを実施する。
    ・受講者数
     23年度 164名、24年度 167名
     25年度 124名、26年度 233名
     27年度 191名、28年度 200名【見込】
     29年度 200名【目標】
  3 国内外のデザイン関連情報やセンターの事業情報
    などを中小企業者やデザイナー及び一般府民に対
    してホームページやメールマガジンにより提供す
    る。
    ・メルマガ発行件数
     23年度 31回、24年度 27回
     25年度 30回、26年度 32回
     27年度 32回、28年度 30回【見込】
     29年度 30回【目標】
 【成果指標】
  1 デザイン相談課題解決件数
     25年度 52社
   26年度 56社
   27年度 63社
   28年度 50社【実績見込】
     29年度 50社【目標】
  2 デザイン・オープン・カレッジ受講者満足度
     23年度 98.5%、24年度 99.2%
     25年度 99.0%、26年度 96.2%
     27年度 98.2%、28年度 95.0%【見込】
  29年度 95.0%【目標】
  3 ホームページアクセス件数、メルマガ登録件数
        ホームページ メルマガ
     23年度 30,901件、4,498件
  24年度 27,108件、4,152件
  25年度 20,978件、4,466件
  26年度 20,873件、4,891件
  27年度 22,653件、5,040件
  28年度 21,000件、5,200件【見込】
     29年度 21,000件、5,400件【目標】

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 10,608 0 0 1,100 9,508
要求額 10,599 0 0 1,100 9,499
査定額 10,599 0 0 1,100 9,499

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

雑入 商工労働費雑入 新事業創造事業雑入 1,100 1,100

要求額の内訳

査定額の内訳

1 デザイン開発相談・指導事業 1,207千円 要求どおり 1,207千円
   〇産業デザインセンターの事業については、効果検証(
   PDCA)を行い、他の相談事業との統合などを含めて
   検討を行うこと。
  (1) 開発相談・指導事業 1,207千円   1,207千円
2 大阪府デザイン・オープン・カレッジ事
  業費
813千円 要求どおり
。。
813千円
  (1) 大阪府デザイン・オープン・カレッジ
    事業費
813千円  
 
813千円
3 デザイン情報サービス事業費 358千円 要求どおり 358千円
  (1) 情報サービス事業費 358千円   358千円
4 産業デザインセンター管理費 8,221千円 要求どおり 8,221千円
  (1) センター管理費 8,221千円   8,221千円

明細 デザイン開発相談・指導事業 開発相談・指導事業(20060567-00010004)

明細 デザイン情報サービス事業費 情報サービス事業費(20060567-00020005)

明細 産業デザインセンター管理費 センター管理費(20060567-00030006)

明細 大阪府デザイン・オープン・カレッジ事業費 大阪府デザイン・オープン・カレッジ事業費(20060567-00040009)



ここまで本文です。