ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算通常 > 一般会計  > 認可外保育施設指導監督強化事業費

平成29年度当初予算(経常的経費) 認可外保育施設指導監督強化事業費

管理事業名 :児童福祉事業 予算要求課 子ども室
事業名 :認可外保育施設指導監督強化事業費(20020720) 予算計上課 子ども室
款名・項名・目名 :福祉費 児童福祉費 児童福祉推進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 ○認可外保育施設の施設の運営について、児童の福祉に  ○認可外保育施設への立入調査
 とって支障がないかなどを調査し、問題がある場合は改  ・児童福祉法の規定に基づき、府に届出のある施設及び
 善を求める等、指導監督を行う。  事業所内保育施設等届出義務のない施設について立入調
 ○認可外保育施設における保育の質の確保・向上のため  査に要する旅費。
 、施設設置者等に対する研修会を開催。    届出施設:5施設
 認可外保育施設:保育を行うことを目的とする施設であ    届出除外施設:9施設の半数
 って、都道府県知事が認可している認可保育所以外のも   ※特例条例に基づき事務移譲した市町分を除く。
 のの総称。  ・重大な事故が発生した場合や利用者から苦情や相談が
 ○大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金  寄せられた場合で、施設に問題があると認められる施設
 大阪版地方分権推進制度による移譲事務交付金  に対する特別立入調査調査に要する旅費。
根拠法令    年間5件
 児童福祉法第59条  (活動指標)
 大阪府認可外保育施設指導監督要綱    立入調査件数
 認可外保育施設指導監督基準      平成27年度実績 17件
 地方財政法第28条      平成28年度見込 14件
 大阪版地方分権推進制度実施要綱      平成29年度見込 14件
 ○認可外保育施設における保育の質の確保・向上
 ・府が把握している全認可外保育施設職員を対象とする
 研修会開催経費。
 【費用負担】
  児童福祉法により都道府県の事務とされているため、
 全額一般財源。
 ○大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金
 【事業内容】認可外保育施設からの届出事務等

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 14,937 0 0 0 14,937
要求額 14,399 0 0 0 14,399
査定額 14,399 0 0 0 14,399

要求額の内訳

査定額の内訳

1 認可外保育施設の指導監督強化事業 191千円 要求どおり 191千円
  (1) 認可外保育施設の指導監督強化事業 191千円   191千円
2 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金 14,208千円 要求どおり 14,208千円
  (1) 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付
    金
14,208千円  
 
14,208千円

明細 認可外保育施設の指導監督強化事業 認可外保育施設の指導監督強化事業(20020720-00050005)

明細 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金(20020720-00070007)



ここまで本文です。