ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成28年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 耐震性能向上・大規模改造事業費(府立高等学校)()

平成28年度当初予算(部長後調整要求) 耐震性能向上・大規模改造事業費(府立高等学校)()

管理事業名 :府立高等学校建設事業 予算要求課 施設財務課
事業名 :耐震性能向上・大規模改造事業費(府立高等学校)()(19962224) 予算計上課 施設財務課
款名・項名・目名 :教育費 高等学校費 学校建設費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  [構造体の耐震化]  【事業内容】〔耐震大規模改造事業〕
  昭和56年以前に建築された校舎等について、耐震二        平成26年度末までに一部の改築校を除き
 次診断の結果に基づいて耐震補強工事や改築を行うこと        、耐震化が完了するものの、耐震化が困難
 により、耐震性能を向上させる。(一部の改築校を除き        な学校については、仮設校舎を使用し、生
 、平成26年度終了)        徒・教職員の安全を確保する。
  [非構造部材の耐震化]        〔校舎改築事業費〕
  吊り天井や照明器具等の非構造部材について、落下防         現校舎への耐震補強工事ができない学校
  止対策等の耐震化工事を実施し、地震発生時の生徒、        については、耐震化の手法として、校舎の
  教職員の安全・安心を図る。        改築を行う。
開始終了年度         平成28年度は、2校(吹田東、成城)
 昭和62年度〜        の新校舎建築の基本設計、実施設計、現校
根拠法令        舎撤去工事、除去工事等を行う。
 建築物の耐震改修の促進に関する法律 第5条、第6        〔非構造部材耐震対策費〕
 条         地震等非常災害時における生徒の安全・
       安心を確保するため、これまで実施してき
       た府立学校の構造体の耐震対策に続き、学
       校施設の吊り天井、照明器具などの非構造
       部材の耐震化を実施する。
        非構造部材:構造体(柱・梁・壁・床等
              主体構造部)以外の部材
 【調整理由】
  公共施設等整備基金及び特別債の充当による調整

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 2,359,299 0 1,050,000 0 1,309,299
要求額 2,631,895 0 962,000 0 1,669,895
内示額 2,630,167 0 1,586,000 0 1,044,167
調整要求額(部長後) 0 0 106,000 192,325 ▲298,325
査定額 0 0 106,000 192,325 ▲298,325

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

公共施設等整備基金繰入金 公共施設等整備基金繰入金 公共施設等整備基金繰入金 0 0
公共施設等整備基金繰入金 公共施設等整備基金繰入金 府立高等学校建設事業基金繰入金 192,325 192,325
教育債 高等学校債 府立高等学校建設事業債 106,000 106,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 既設高等学校耐震性能向上・大規模改造
  事業
0千円  
 
0千円
  (1) 校舎改築事業費 0千円   0千円
  (2) 非構造部材耐震化対策費 0千円   0千円

明細 既設高等学校耐震性能向上・大規模改造事業 非構造部材耐震化対策費(19962224-00010018)

明細 既設高等学校耐震性能向上・大規模改造事業 校舎改築事業費(19962224-00010020)



ここまで本文です。