ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(歯科保健事業)

平成27年度当初予算(政策的経費) 地域医療介護総合確保基金事業費(歯科保健事業)

管理事業名 :生活習慣病・歯科・栄養事業 予算要求課 健康づくり課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(歯科保健事業)(20150918) 予算計上課 健康づくり課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 健康増進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 1地域在宅医療における歯科と他職種との連携体制の構  1(1)在宅歯科医療連携室の設置
  築を図る。    ・在宅歯科医療に携わる歯科医師のための資質向上
 2在宅での歯科医療水準の向上を図るために必要な機器     研修会の実施
  の購入に対し、補助を行う。    ・地域からの在宅歯科医療に関わる情報の集約・評
 3在宅療養者対応可能歯科衛生士の人材育成に必要な     価
  教育環境の整備を図る。   (2)地域における在宅歯科医療の推進
 4CAD/CAMシステムなどの最新歯科技工技術を習得した    ・地域の実情を踏まえ各地区歯科医師会をA.B.Cに
  歯科技工士の人材育成を図る。     分類し、A.B.C地区それぞれのレベルに応じた事
 5在宅での口腔ケアに関する技術を習得した歯科衛生士     業を実施する
  の人材育成を図る。   【活動指標】「在宅歯科医療に係る研修会」実施回数
 6在宅での摂食嚥下障害対応可能な歯科医の人材育成を        平成26年度:6回、平成27年度:24回
  図る。   【成果指標】同研修会参加人数
根拠法令        平成26年度:112人、平成27年度:112人
 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進する  2 在宅歯科医療実施のために必要な機器の購入の補助
 ための関係法    (補助率1/2)
  【活動指標】補助対象地区数
       平成26年度:56、平成27年度:56
 3 歯科衛生士養成校において在宅歯科医療に特化した
   授業を行う上で必要となる機器等の購入に係る経費
   の一部に対し補助を行う(補助率1/2)
  【活動指標】補助対象歯科衛生士養成所
       平成26年度:4校、平成27年度9校
 4 CAD/CAMシステム使用歯科技工士人材育成研修会に
   対する補助(補助率10/10)
  【活動指標】歯科技工士人材育成研修回数
       平成27年度:5回
  【成果指標】同研修参加人数 平成27年度:50人
 5 在宅歯科医療・在宅での口腔ケアに関する知識・技
   術を有する歯科衛生士の人材育成のための研修会実
   施(補助率10/10、ただし研修使用機器に係る
 費用は補助率1/2)
  【活動指標】口腔ケアのための研修会実施回数
       平成27年:10回
  【成果指標】同研修会参加人数 平成27年度:300人
 6 在宅療養者の摂食嚥下障害に対応可能な歯科医師の
   人材育成に対する補助を行う(補助率10/10、
 ただしVE購入に係る費用については補助率1/2)
  【活動指標】摂食嚥下障害対応歯科医師養成研修回数
       平成27年度:312回
  【成果指標】同研修参加人数
       平成27年度:80人

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 235,181 0 0 235,181 0
査定額 227,863 0 0 227,863 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 生活習慣病・歯科・栄養事業基金繰入金 235,181 227,863

要求額の内訳

査定額の内訳

1 在宅歯科医療連携体制推進事業 70,887千円   67,625千円
  (1) 在宅歯科医療連携体制推進事業 70,887千円   67,625千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
2 在宅歯科医療機器整備事業 139,175千円   139,175千円
  (1) 在宅歯科医療機器整備事業 139,175千円   139,175千円
   ○基金の範囲内で事業実施
3 歯科衛生士養成支援事業 6,675千円   6,675千円
  (1) 歯科衛生士養成支援事業 6,675千円   6,675千円
   ○基金の範囲内で事業実施
4 歯科技工士の人材育成事業 4,002千円   3,275千円
  (1) 歯科技工士の人材育成事業 4,002千円   3,275千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
5 歯科衛生士の人材育成事業 3,792千円   3,150千円
  (1) 歯科衛生士の人材育成事業 3,792千円   3,150千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
6 摂食嚥下障害対応可能人材育成事業 10,650千円   7,963千円
  (1) 摂食嚥下障害対応可能人材育成事業 10,650千円   7,963千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査

明細 在宅歯科医療連携体制推進事業 在宅歯科医療連携体制推進事業(20150918-00180024)

明細 在宅歯科医療機器整備事業 在宅歯科医療機器整備事業(20150918-00190036)

明細 歯科衛生士養成支援事業 歯科衛生士養成支援事業(20150918-00200028)

明細 歯科技工士の人材育成事業 歯科技工士の人材育成事業(20150918-00210030)

明細 歯科衛生士の人材育成事業 歯科衛生士の人材育成事業(20150918-00220033)

明細 摂食嚥下障害対応可能人材育成事業 摂食嚥下障害対応可能人材育成事業(20150918-00230035)



ここまで本文です。