ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業費【知事重点特別枠】

平成27年度当初予算(政策的経費) 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業費【知事重点特別枠】

管理事業名 :消防防災事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :災害拠点病院緊急燃料備蓄事業費【知事重点特別枠】(20150774) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 防災総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  昨年公表した南海トラフ巨大地震の被害想定では、大  ○燃料 845,574リットル
 量の救援物資の不足が見込まれており、現在、災害支援  〇燃料保管(流通備蓄) 845,574リットル
 における物資供給と物流システムのあり方について調査   (災害拠点病院(19カ所)の自家発用燃料4日目以降4日
 検討を実施中であり、減災効果や新たな民間耐震率の設  分)
 定などを踏まえ、最終的な必要備蓄方針(量)を決定する  【目標】
 予定であるが、これに先立ち、被災(要治療)府民の「命  被災府民の命を守りつなぐために災害拠点病院の自家発
 を守りつなぐため」災害拠点病院の非常用電源稼働のた  用燃料を確保する。
 めの緊急燃料備蓄を行う。
  また、同燃料について、経年経過による品質劣化を防
 ぐため流通備蓄により備蓄する。
開始終了年度
 平成27年度〜

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 111,066 0 0 0 111,066
査定額 0 0 0 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業 111,066千円 0査定 0千円
   ○府と災害拠点病院との役割分担や備蓄の必要性につい
   て整理が必要
   ○備蓄コストの軽減や広域連携での対応などの代替手法
   を検討すべき
  (1) 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業 111,066千円   0千円

明細 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業 災害拠点病院緊急燃料備蓄事業(20150774-00020001)



ここまで本文です。