平成27年度当初予算(政策的経費) 福祉のまちづくり推進事業費<政策的経費>

管理事業名 :建築指導事業 予算要求課 建築指導室
事業名 :福祉のまちづくり推進事業費<政策的経費>(20130731) 予算計上課 建築指導室
款名・項名・目名 :住宅まちづくり費 住宅まちづくり管理費 建築指導費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  平成5年4月から施行した「大阪府福祉のまちづくり   府民の広域的移動の手段である鉄道駅舎のバリアフリ
 条例」及び「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進  ー化を、周辺地区と一体に進めるため、既存駅へのエレ
 に関する法律(バリアフリー法)」に基づき、より一層  ベーター設置をする事業者に対し、国・市町村とともに
 の福祉のまちづくりの推進を図るため、法に基づき国が  補助を行う。
 定めた「基本方針」の目標を踏まえ、鉄道駅のバリアフ  事業名:鉄道駅バリアフリー補助制度
 リー化を進める。  対 象:既存駅に設置されるエレベーターに関する事業
     費(ただし、バリアフリー法に基づく基本構想
     を策定した地区内の駅に限る。また、大阪市、
     堺市内及び地下鉄の駅は補助対象としない。)
 概 要:事業者(1/3)、国(1/3)、市(1/6)、大阪
     府(1/6かつEV2基まで(1基あたり1,300万円
     まで))
 成果指標:エレベーター設置補助駅数
      平成25年度 4駅
      平成26年度  −(平成27年度へ移行)
      平成27年度 1駅(見込)

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 965 0 0 0 965
要求額 13,000 0 9,000 0 4,000
査定額 13,000 0 9,000 0 4,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

住宅まちづくり債 住宅まちづくり管理債 建築指導事業債 9,000 9,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 鉄道駅バリアフリー推進事業 13,000千円 要求どおり 13,000千円
  (1) 鉄道駅バリアフリー推進事業 13,000千円   13,000千円

明細 鉄道駅バリアフリー推進事業 鉄道駅バリアフリー推進事業(20130731-00010001)



ここまで本文です。