血液の確保に向けた取り組み(献血事業について)

更新日:平成28年8月10日

お知らせ

   大阪府からのお願い 

事業内容

  大阪府では、府内の医療機関で必要な輸血用血液を府内の献血によって安定的に確保するため、また、血漿分画製剤用原料血漿確保のため、大阪府赤十字血液センター及び42市町村に設置されている市町村献血推進協議会と連携し、献血の推進を図っています。

 また、血液製剤の安全性を確保するため、400mL献血、成分献血の推進や献血時の問診強化、エイズ検査目的の献血の防止等の啓発活動を実施しています。

採血基準の改正について   

  平成23年4月1日より、採血基準が改正され、採血可能年齢が拡大されます

       400mL全血献血  (変更前) 男女とも 18歳以上 69歳以下   

                    (変更後) 男性   17歳以上 69歳以下    女性   18歳以上 69歳以下

       血小板成分献血   (変更前) 男女とも 18歳以上 54歳以下

                    (変更後) 男性   18歳以上 69歳以下    女性   18歳以上 54歳以下

      詳しくはこちら → 採血基準 [Wordファイル/49KB]  

職員ブログを連載しています   

   献血について紹介しています。是非のぞいてください!

   ブログはこちらから → 第1回   第2回   第3回   第4回   第5回   

                   第6回   第7回   第8回   第9回   第10回

献血にご協力いただける方へ

 

このページの作成所属
健康医療部 薬務課 総務・企画グループ

ここまで本文です。