平成12年度大阪府統計年鑑 第23章 衛生(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成12年度大阪府統計年鑑

医療施設・病床の概況

 平成10年度の医療施設総数は1万3005 施設で、前年に比べ175施設の増加である。これを種類別にみると、病院総数は580施設で、そのうち一般病院が539施設(構成比93.0%)で大半を占め、以下精神病院40施設、結核療養所1施設の順となっている。なお人口10万対の病院総数は6.6、一般病院で6.1、1施設当たりの人口は、病院総数で1万5235人、一般病院で1万6394人である。また、一般診療所数は7500施設で、前年に比べ99施設の増加、人口10万対の一般診療所数は84.9で、1診療所当たりの人口は1178人である。歯科診療所数は4925施設で、前年に比べ81施設の増加、人口10万対の歯科診療所数は55.7で、1診療所当たりの人口は1824人である。
 全施設の病床数は12万3879床で、前年に比べ1422床の減少である。人口10万対の病床数は1401.9床で、全病床数のうち94.8%が病院、5.2%が一般診療所の病床(6419床)である。また病院病床の種類別では、一般病床が9万3360床で最も多く、以下、精神病床が2万903床、結核病床が3040床の順となっている。

死亡の概況

 平成11年中の本府の死亡数は6万1724人で、8分31秒に1人亡くなったことになる。人口千対の死亡率は7.0で全国の7.8と比較すると低い方である。
 主要死因別の順位を見ると、第1位は悪性新生物2万453人(構成比33.1%)、以下、心疾患8989人(同14.6%)、脳血管疾患6845人(同11.1%)、肺炎6061人(同9.8%)、自殺2358人(同3.8%)の順となっている。

上へ戻る

伝染病患者の概況

 平成11年中の伝染病統計による府の伝染病届出総数は541人で、その内訳を見ると、法定伝染病125人、指定伝染病259人、届出伝染病18人、性病139人となっている。

公害の現状

 府内の環境問題については、依然として都市・生活型公害や増大する廃棄物の克服が課題であり、また、二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化現象に代表されるように、ダイオキシン類等有害化学物質問題等、多様化・複雑化した諸問題への対応が求められている。一方、緑豊かな生活環境の実現や個性を生かした都市景観の創造、さらには文化や伝統も視野にいれた、より質の高い環境を保持し創造していかなければならない状況にある。
 なお、平成11年度の本府及び市町村が新規に直接受理した公害苦情件数は5083件で、前年度に比べ4件(0.1%)の増加となった。このうち大気汚染に関するものが1815件(構成比35.7%)で最も多く、以下、騒音1383件(同27.2%)、悪臭869件(同17.1%)の順となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。