平成9年度大阪府統計年鑑 第22章 衛生(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成9年度大阪府統計年鑑

医療施設・病床の概況

 平成8年度の医療施設総数は1万2699施設で、前年に比べ88施設の増加である。これを種類別にみると、病院総数は591施設で、そのうち一般病院が549施設(構成比92.9%)で大半を占め、以下精神病院41施設、結核療養所1施設の順となっている。なお、人口10万対の病院総数は6.7、一般病院で6.2、1施設当たりの人口は、病院総数で1万4897人、一般病院で1万6036人である。また、一般診療所数は7322施設で、前年に比べ30施設の増加、人口10万対の一般診療所数は83.2で、1診療所当たりの人口は1202人である。歯科診療所数は4786施設で、前年に比べ60施設の増加、人口10万対の歯科診療所数は54.4で、1診療所当たりの人口は1840人である。
 全施設の病床数は12万6764床で、前年に比べ47床の減少である。人口10万対の病床数は1439.8床で、全病床数のうち94.7%が病院、5.3%が一般診療所の病床(6678床)である。また、病院病床の種類別では、一般病床が9万4961床で最も多く、以下、精神病床が2万1593床、結核病棟が3109床の順となっている。

死亡の概況

 平成8年中の本府の死亡数は5万7187人で、9分11秒に1人亡くなったことになる。人口千対の死亡率は6.6で全国の7.2と比較すると低い方である。
 主要死因別の順位を見ると、第1位は悪性.新生物1:万8932人(構成比33.1%)、以下、心疾患8671人同15.2%)、脳血管疾患7260人(同12.7%)、肺炎4808人(同8.4%)、不慮の事故2195人(同3.8%)の順となっている。

上へ戻る

伝染病患者の概況

 平成8年中の伝染病統計による府の伝染病届出総数は588人で、その内訳を見ると、法定伝染病139人、指定伝染病176人、届出伝染病273人、性病118人となっている。 
 

園児・児童・生徒の体格

 平成8年度における府下(大阪市を除く)の園児・児童・生徒の平均体格を見ると、男子の身長は、15歳で全国平均を上回っているが、それ以外は、下回っている。女子は、14・15・17歳で全国平均を上回っているが、それ以外は、下回っている。
 体重は、男女ともすべて全国平均と同じか下回っている。
 男子の座高は、10・13・15・16歳で全国平均と同じだが、それ以外は下回っている。女子は14歳で全国平均と同じだが、それ以外は下回っている。

公害の現状

 本府における公害問題は、依然として都市・生活型公害やする廃棄物の克服が課題であり、また、二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化現象に代表されるように、府域の人為的な活動が地球規模で影響を及ぼしている現象も現れている。一方、豊かでうるおいのある緑や水辺に代表される快適空間や美しい景観の創造、さらには文化や伝統も視野にいれた、より質の高い環境を保持し創造していかなければならない状況にある。
 なお、平成8年度の本府及び市町村が新規に直接受理した公害苦情件数は3748件で、前年度に比べ4件(0.1%)の増加となった。このうち騒音に関するものが1547件(構成比41.3%)で最も多く、以下、大気汚染829件(同22.1%)、悪臭768件(同21.5%)の順となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。