平成9年度大阪府統計年鑑 第12章 商業及び貿易(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成9年度大阪府統計年鑑

商業

 平成6年7月1日現在(商業統計調査)の府内の商業(卸売・小売業)の状況は、商店数15万3599店(前回比6.6%減)、従業者数110万3060人(同1.8%減)、年間販売額85兆5440億円(同12.8%減)であった。
 (1)卸売業は、商店数4万8012店(前回比6.3%減)、従業者数58万2934人(同4.9%減)、年間販売額74兆7804億円(同13.6%減)となっている。
 法人・個人別に商店数をみると、法人商店数が1614店(4.2%)の減少となり、個人商店数は1615店(12.7%)の減少となっている。この結果、法人商店の占める割合は、前回より1.7ポイント上昇して76.8%となった。
 業種別に商店数をみると、「他に分類されない卸売業」が6628店と最も多く全体の13.8%を占め、以下、「衣服・身の回り品卸売業」、「一般機械器具卸売業」と続いている。年間販売額では、「各種商品卸売業」が12兆3913億円(構成比16.6%)で最も多く、以下、「電気機械器具卸売業」、「鉱物・金属材料卸売業」と続いている。
 (2)小売業は、商店数10万5587店(前回比6.7%減)、従業者数52万126人(同2.0%増)、年間販売額10兆7636億円(同7.2%減)となっている。
 法人・個人別に商店数をみると、個人商店が前回より7533店(9.4%)減少し、法人商店は前回より77店(0.2%)の減少となり、小売業に占める法人商店の割合は、前回より2.0ポイント上昇して31.3%となった。小売業の商店数が減少する傾向のなかで、法人商店の占める割合は上昇を続けている。
 業種別に商店数をみると、「飲食料品小売業」が3万8738店で全体の36.7%を占め、次いで、「その他の小売業」3万2345店(構成比30.6%)、「織物・衣服・身の回り品小売業」1万8986店(同18.0%)と続き、6業種中この3業種で85.3%を占めている。年間販売額では、「飲食料品小売業」が3兆328億円で全体の28.2%を占め、以下、「その他の小売業」、「各種商品小売業」と続いている。
 次に、平成4年10月1日現在(商業統計調査)の府内の一般飲食店の状況は、商店数4万9527店(前回比3.3%減)、従業者数25万2860人(同9.6%増)、年間販売額1兆3362億円(同20.3%増)であった。                        
 法人・個人別に商店数をみると、法人商店数が1355店(15.9%)増加したのに対し、個人商店数は3044店(7.1%)の減少となり、法人商店の占める割合が一層強まった。 
 業種別に商店数をみると、「喫茶店」が最も多く1万7896店で全体の36.1%を占めている。以下、「一般食堂」、「中華料理店、その他の東洋料理店」と続いている。

上へ戻る 

貿易

 平成8年の貿易額をみると、全国では輸出総額44兆7313億円(前年比7.7%増)、輸入総額37兆9934億円(同20.4%増)で、輸出入バランスは6兆7379億円の出超であった。
 一方、大阪税関管内(大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・福井県・石川県・富山県)の通関実績をみると、輸出総額4兆5731億円(前年比2.7%増)、輸入総額5兆422億円(同13.4%増)で、輸出入バランスは4691億円の入超となり、前年の40億円の出超とさまがわりしている。
 これを品目別にみると、輸出では、「機械類及び輸送用機器類」が2兆9284億円で全体の64.0%を占め、以下、「原料別製品」の6464億円(構成比14.1%)、「雑製品」の4287億円(同9.4%)、「化学製品」の4227億円(同9.2%)の順となっている。
 輸入では、「機械類及び輸送用機器」が8344億円(構成比16.5%)で最も多く、以下、「原料別製品」の8236億円(同16.3%)、「鉱物性燃料」の6788億円(同13.5%)、「食料品及び動物」の6351億円(同12.6%)の順となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。