平成9年度大阪府統計年鑑 第6章 林業(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成9年度大阪府統計年鑑

概況

 府内の森林は、都市化が高度に進んだ大阪平野を北から北摂、金剛生駒及び和泉葛城の三山系により取り囲むような形で位置しており、林業の基盤としてだけでなく、天与のグリーンベルトとして、水源の涵養、山地災害の防止、保健休養等の多様な公益的機能を果たしている。
 これを森林植物帯からみると、大部分は暖帯林で、一部には温帯林も見られる。しかし、現在の森林は大部分が「あかまつ」、「くぬぎ」、「こなら」等の二次林、あるいは「すぎ」、「ひのき」等の人工林である。なかでも、金剛、葛城山系では「すぎ」、「ひのき」が集中し、府内で最も集約的な林業が営まれている。

林家数

 府内の林家数は1990年世界農林業センサス(平成2年2月1日現在)によると、4万6011戸である。その内訳は農家林家数が5766戸(構成比12.5%)、非農家林家数が4万245戸(同87.5%)で、非農家林家が圧倒的に多い。

林野面積

 府内の林野面積は5万7202ha(平成9年3月31日現在)で、前年より37ha(0.1%)減少した。
 その内訳をみると、国有林野面積は1042haで前年と変わらず、民有林野面積は5万5938haで、前年より37ha(0.1%)減少した。官行造林面積は前年と変わらず222haである。
 大阪府総面積18万9268ha(平成8年10月1日現在)に占めるそれぞれの割合は、国有林野面積が0.6%、民有林野面積が29.6%、官行造林面積が0.1%である。
 府内の林野面積の97.8%を占める民有林野のうち、立木地は5万3253haで、前年より36ha(0.1%)減少し、民有林野面積の95.2%を占めている。その内訳は、人工林が2万6716ha(構成比50.2%)、天然林が2万6537ha(同49.8%)となっている。また、樹種別内訳は針葉樹が3万8946ha(構成比73.1%)、広葉樹が1万4307ha(同26.9%)となっている。
 民有林野面積を市町村別にみると、能勢町が7707ha(構成比13.8%)で最も多く、河内長野市7326ha(同13.1%)、高槻市4504ha(同8.1%)の順となり、この3市町で全体の35.0%を占めている。

上へ戻る

林野蓄積量

 府内の林野蓄積量は584万9000m3で、その内訳をみると、国有林野蓄積量は15万9000m3で前年と同様である。民有林野蓄積量は568万m3で前年より13万6000m3 (2.4%)減少した。官行造林蓄積量は前年と変わらず1万m3である。民有林野蓄積量のうち人工林は366万8000m3、(構成比64.6%)、天然林は201万2000m3(同35.4%)である。また、樹種別内訳は針葉樹が471万4000m3(構成比83.0%)、広葉樹が96万6000m3(同17.0%)である。
 民有林野蓄積量を市町村別にみると、河内長野市が99万5000m3(構成比17.5%)で最も多く、以下、能勢町72万3000m3(同12.7%)、千早赤阪村43万2000m3(同7.6%)の順となり、この3市町村で全体の37.9%を占めている。

苗木生産量等

 山行造林用苗木の生産量は18万4000本で、前年より10万本(35.2%)減少した。樹木別にみると、「ひのき」が17万6000本(構成比95.7%)で最も多く、以下、「すぎ」が4000本(同2.2%)、「あかまつ」、「くろまつ」がそれぞれ2000本(同1.1%)となっている。
 大阪府内の林産物素材の生産量は3万1000m3で、前年より7000m3(29.2%)増加した。林産物素材の入荷量(府内生産量を含む)は37万m3である。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。