平成9年度大阪府統計年鑑 第5章 農業(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成9年度大阪府統計年鑑

概況

 本府の農業は、都市近郊の立地を活かした施設園芸などにより集約的な農業経営が営まれ、府民の必要とする生鮮食料品のうち、野菜で約11.5%、果実で約12.2%に相当する量を安定的に供給している。
 農地面積は、市街化の進展により減少を続けており、府内全域に占める割合は9.1%となっている。
 また農地は、その約30%が都市計画法上の市街化区域内に存在しており、農産物の生産基盤であるとともに府民にとって貴重な自然源であり、快適な環境を創造するための極めて重要な自然資源となっている。

農家数

 平成7年2月1日現在で実施された1995年農業センサスの結果によると、本府の農家数は3万3376戸となっている。これを地域別にみると、最も多いのは南河内地域の7775戸(構成比23.3%)、次いで泉南地域5500戸(同16.5%)、泉北地域5386戸(同16.1%)の順となっており、これら南大阪3地域だけで農家数全体の過半数を占めている。
 経営耕地面積規模別にみると、0.1ha 以上0.3ha未満層の農家が1万6849戸(構成比50.5%)で最も多く、0.3ha 以上0.5ha未満層が8412戸(構成比25.2%)となっており、農家数全体の約8割を0.1ha以上0.5ha未満層の農家が占めている。
 また、農家を専業農家と兼業農家とに区分すると、専業農家は3450戸(構成比10.3%)、兼業農家は2万9926戸(同89.7%)である。兼業農家のうち第一種兼業農家は3179戸(同9.5%)で、第二種兼業農家は2万6747戸(同80.1%)となっている。
 農家を自給的農家と販売農家とに区分すると、自給的農家が1万6203戸(構成比48.5%)、販売農家は1万7173戸(同51.5%)となっている。

上へ戻る

農家人口

 農家世帯員数は、15万3375人となっている。
 自営農業従事者数は8万2807人で、農家世帯員総数の54.0%の者が農業に従事している。このうち自営農業だけに従事した者は4万2461人で、自営農業従事者数の約半数を占めている。
 自営農業従事者数を男女別にみると、男性が4万9621人(構成比59.9%)、女性が3万3186人(同40.1%)となっており、男性の比率が高くなっている。

経営耕地面積

 経営耕地面積は、1万2394haとなっている。
 これを内訳別にみると、田は9670ha (構成比78.0%)、畑は1177ha(同9.5%)、樹園地は1547ha(同12.5%)となっている。
 また、農家1戸当たりの経営耕地面積は、37.1aとなっている。

収穫面積

 府内の主要農作物の収穫面積では、水稲が55万3437aと最も多く、温州みかん4万8697a、花き類・花木4万854aキャベツ3万709a、たまねぎ2万5846aの順となっている。

農業粗生産額

 平成8年の農業粗生産額は475億900万円であった。
 これを部門別にみると、最も多いのは野菜の179億4200万円(構成比37.8%)で、以下、米の100億4100万円(同21.1%)、果実の88億7500万円(同18.7%)、畜産の57億2000万円(同12.0%)、花きの34億2600万円(同7.2%)の順となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。