消費・安全対策交付金の事後評価結果

更新日:平成29年9月20日

平成28年度消費・安全対策交付金の事後評価

 大阪府では消費・安全対策交付金実施要綱(外部サイトを別ウインドウで開きます)に基づき消費・安全対策交付金事業を実施しています。

 このたび、消費・安全対策交付金実施要綱第7の2(3)に基づき、平成28年度に実施した消費・安全対策交付金事業について事後評価を実施しましたので、その結果をお知らせします。

事後評価の主なポイントは次のとおりです。
 (1)計画した内容に沿って事業が実施されているか。
 (2)当初に設定した目標値を達成しているか。
   ※目標値の達成度により「A」、「B」、「C」に分類し評価
    〔評価A(達成度80%以上)、評価B(達成度50%以上80%未満)、評価C(達成度50%未満)〕
 (3)達成度が低かった場合(50%未満)において、適切な改善措置を行っているか。
以上の点について大阪府がその内容を点検・評価を実施し、
さらに、大阪府が行う事後評価内容の妥当性について、その公正性確保の観点から、学識経験者等の第三者の方々からご意見をいただいております。

大阪府における事後評価結果の概要

平成28年度に実施した全ての事業について、各事業ともに計画に基づき事業が適切に実施された結果、目標値は概ね達成されたことから全ての評価結果が「A評価」となっており、各事業の実施内容は妥当と考えられます。

平成28年度事業事後評価結果一覧表

平成28年度消費・安全対策交付金の事後評価 [Excelファイル/41KB]

平成28年度消費・安全対策交付金の事後評価 [PDFファイル/247KB]

このページの作成所属
環境農林水産部 水産課 企画・豊かな海づくり推進グループ

ここまで本文です。