地域連携型商機能強化モデル創出事業

更新日:平成27年5月19日

地域連携型商機能強化モデル創出事業(平成27年度実施分)の実施商店街を決定しました。

  大阪府では、地域住民(消費者)の感性やニーズを踏まえた「商店街全体の集客力の向上」と、「魅力のある個店づくり」に同時に取り組んでいただくことで、商店街活性化の成功事例をつくり、その成果を波及させることを目的とした標記事業を実施しています。
  このたび、平成27年度の実施商店街について、下記のとおり決定しました。

【支援対象商店街(順不同)】

 ○大利商店街振興組合(寝屋川市)
    ・商店街の現状を分析し、ターゲットを明確にした上で、既存事業と連動した新たな取組内容となっており、モデル性が高い
    ・事業の趣旨を理解し、PDCAサイクルを意識した事業効果の高い取組内容となっている

 ○北本町中央通商店会(八尾市)
    ・商店街のめざす方向と実現への道筋を明確にしており、活性化に向けた意欲が非常に高い
    ・既存事業をベースに、本事業の趣旨を踏まえ、地域、大学等、多くの主体が関与した実現性の高い取組内容となっており、他の商店街のモデルとなり得る

 ○宮之阪中央商店街振興組合(枚方市)
    ・地域の声を積極的に取り入れながら発展させようという強い意欲が感じられる
    ・予算をかけずに事業が行える仕組みづくりや、他店への成果波及を強く意識しており、本事業の趣旨を踏まえたモデル性の高い取組内容となっている


【参 考】
 ○本事業の概要はこちらから [PDFファイル/161KB]

 ○本事業の応募要領はこちらから(募集は終了しています) [PDFファイル/205KB]
 

【問い合わせ先】
  大阪府  商工労働部商業・サービス産業課  商業振興グループ
  (担当)中西・黒石・吉田

  〒559−8555 大阪市住之江区南港北1−14−16 大阪府咲洲庁舎25階
  Tel   06−6210−9496
  e-mail shogyo@gbox.pref.osaka.lg.jp
  (土曜日、日曜日および祝日を除く)

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。