流通対策室(府民チェックボード)

サブメニューを飛ばして本文へ






ここから本文です。


府民チェックボード

府民チェックボードとは


 大阪府では、それぞれの職場でさまざまな課題や懸案に日頃から取り組んでいます。府民のみなさんにとって、府のこうした取組についてこれまでなかなか知る機会がなかったのではないでしょうか。
 府が課題や懸案にどのように取り組んでいるか、そのプロセスを府民のみなさんにご覧いただけるページをつくりました。

府民チェックボード


  • 第9次卸売市場整備計画

  •  卸売市場整備計画は、卸売市場法第6条第1項により、都道府県における卸売市場の整備を図るための計画を定めることができるとされており、整備計画に掲げる事項についても、同法第6条第2項により、その区域又はその区域を分けて定める区域ごとの生鮮食料品等の流通事情に応ずる卸売市場の適正な配置の方針、その区域における生鮮食料品等の流通事情に応ずる近代的な卸売市場の立地並びに施設の種類、規模、配置及び構造に関する指標等を定めることとされている。  また、国が策定する卸売市場整備基本方針及び中央卸売市場整備計画に即するものでなければならないとされている。
  • 大阪産(もん)名品

  • 大阪でつくられ、概ね50年以上の伝統のある、または、5年以上経過し大阪と関わりのある製法や大阪を代表する文化など大阪らしい物語ををもつ、原材料の産地に関わらず大阪でつくられた大阪の特産品といえる加工食品を「大阪産(もん)名品」として認め、全国に発信します。
  • 【検討終了】大阪産(もん)のブランドの確立

  • 大阪府内で生産された農産物、水産物、畜産物、林産物とこれらを用いた加工品を「大阪産(もん)」、大阪の特産加工食品を「大阪産(もん)名品」として認知度アップを図り、府内産一次産品の消費拡大及び一次産業や食品加工業の振興に貢献することを目的としています。

ここまで本文です。